日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 御湖鶴 純米ヨネシロ
2008年01月15日 (火) | 編集 |
2008年1月15日

昨日14日は休肝日にしていた。そうして本日、20時頃の帰宅にて、風呂に先に入り、まずはヱビス・ザ・ブラックを頂いた。

本日は新たな一本を開栓した。それがすでにちらりと見せていた様に、昨年中に購入していた長野県の菱友酒造「御湖鶴」である。昨年に某誌にて「遊穂」「而今」と共に大きく取り上げられた銘柄である。私が購入したのはいわゆる“茶ラベル”、復活栽培された地元産の米「ヨネシロ」を用いた純米酒である。昨年の7月に蔵出しのものなので18BYであろうと推察される。

これを購入した際、初めから「御湖鶴」を買い求めてのことでは無かった。実のところ、晩酌志向の価格帯にて面白そうなものを考えていた。最初は「磯自慢」の本醸造なんかを考えていた。すると、これが一升瓶で確かほぼ2,000円という低価格で一本だけ店頭に残っていた。いわば「御湖鶴」の低価格ラインに該当するものであろうと思い、ものは試しにと購入に至ったのである。

購入してから調べてみると、これの原料米に用いている「ヨネシロ」という品種、近年まで失われていた品種らしい。冷害に強く、収量も多く、清酒造りの掛け米としての評判は良かったらしいが、どうも食べるには味は今ひとつだったらしく、コシヒカリに代表される食べて美味い米が普及するにつれて造られなくなったらしい。そのような、収量が多い上に酒造りのためだけに栽培されたような米だからこそ低価格に出来るのであろうと思える。安ければ良いというものでは無いが、今の相場で一升2,000円前後の価格帯が最も低価格な、毎日の晩酌で頂くのに好適な位置にある。一般的には普通酒や本醸造の範囲での提供であったり、純米ならば低精白や加水の度合を上げて水増しすることで調整したりしている。中には高価な酒造好適米を外すことで安くするものがある(たとえば奈良県における地元の食米「アキツホ」の使用)、今回のものは正にそれだろう。

イメージ 1

単に安いだけでは能が無い。そもそも米によっての個性というものもある。「ヨネシロ」の場合はドイツの白ワインを思わせる酸味の強さが評判として散見された。実際に頂いてみると、香りは非常におとなしく、口に含むと米のクリーミーな旨味を感じさせつつ、次第に酸味と雑味の強いごつい風味で、後口は切れよくからりとしている。私がこれまで呑んだ中での印象としては、「奥播磨」のXX純米に近い、それぐらいに酸がごつく感じる。実のところ、「ドイツの白ワインを思わせる」云々の話は伝えていない時点で、ドイツに限りなく近いフランスのアルザス地方に滞在していた兄貴(その間にアルザスの白ワインもよく呑んでいた)に呑ませたら、正に白ワインの印象だという答えが返ってきた。「御湖鶴」の他の造りのものはほとんど頂いていないので何とも言えないが、少なくともこれは酸味の個性が際だっていて面白い。これを好意的に感じれるなら、お買い得な一本であろうと思える。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。