日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 割烹 森泉(一泊二日 金沢へ 宴会編)
2008年03月25日 (火) | 編集 |
2008年3月23~24日

イメージ 1

今回の金沢でのメインイベント?である夜の懇親会、あらかじめ先方の方で手配して頂いていた。それが「割烹 森泉」、金沢市内を流れる二本の河川の一つ、浅野川沿いに立地する、住宅街の中にひっそりと存在するお店だ。事前に何か情報が無いかと思ってネット検索をしていたところ、かねてより交流のあるブログ仲間の管理人さんの記事が登場して驚いたりもした。また、ホテルからお店に赴く際にタクシーの運転手に店名を告げただけで通じたぐらいだ。この日も日曜日にもかかわらず満席だった様だ。

イメージ 2
今回は主に写真を中心にしておこう。前菜と共にまずはビール、ヱビスを頂く。

イメージ 3
椀。

イメージ 4
造り。この辺りからは燗酒を頂いており、まずは「黒帯」。

イメージ 5
「黒帯」の後は「池月」、「勝駒」と、石川県もしくはその近隣のお酒で通すことになる。

イメージ 6
焼き物はホタルイカのソースにて

イメージ 7
能登の地野菜の中島菜を使った冷製の麺。その上にホタルイカの天麩羅が乗っている。

イメージ 8
天麩羅、エビや空豆のかき揚げ。この辺りになると写真を撮るのが忘れ気味になってしまい、何口も食してしまっていたので、ドアップで誤魔化す。

イメージ 9
酢の物、木苺(だったかな?)のソースと固めた土佐酢の取り合わせが実に美味。この後に御飯に香の物と吸い物、デザートと頂いて終了。それらは写真に撮るのを忘れてしまった。こうして存分に料理にお酒にと楽しませて頂いた。

イメージ 10
おまけ、その後の二次会で繰り出したバーにて洋酒を楽しむ。こちらがなかなか素敵なバーで、特に10種ほどのシングルモルトに関しては樽から直接注いで提供される。タリスカー、ラフロイグ、ハイランドパークと頂いた。いやはや、相当に杯を重ねたものだが、美味しい料理と共に、また、楽しく杯を重ねると悪酔いしにくいということがあり、今回は正にそうだった。翌日も特に二日酔いということも無し。ただ、肝臓は随分とお疲れな感じなので、金沢から帰宅の今晩は休肝日とした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。