日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 イギリスに行ったばかりだが「Bass Pale Ale」
2008年03月29日 (土) | 編集 |
2008年3月28日

よくよく考えてみると、私はビール好きである。現状では清酒に次いでビールを好んで呑んでいるような気がする。しかし、少し前には「ビールは好きでは無い」と公言していた。それは特定の某国産ビール(SDやKL等)ばかり呑む機会が多く、辟易していたからだ。はっきり言って飲み飽きている。そういうことでしばらくはカクテルに洋酒、焼酎、清酒にと傾倒していたものだが、国産にしても輸入にしても落ち着くビール、多彩なビールがあることを知ってからはビールに対する魅力が日ごとに増していったと思える。普段は国産のヱビス等を呑むことが多いとは言え、海外物でよく呑むものの一つにイギリスのペールエールが挙げられる。アサヒが正規取扱をしていることからか、出会いやすく購入しやすいのが「Bass Pale Ale」だ。

イメージ 1

先日のイギリス滞在の際もエールビールをよく呑んだ。日本にいると全く想像がつかないぐらいに何銘柄もエールビールが存在し(街中にあるパブに入ると大抵2~3種類ぐらいはある知らない銘柄の方が多い)、一度だけ現地でも「Bass」を頂いたりした。それでも、呑みたくなってしまうものだ。実に旨味を楽しめる。この頃の国産メーカーの「カロリーオフ」やら「クリア」だののコンセプトでの新商品開発を伺っていると、海外物に傾倒したくもなってくる。

イメージ 2

食事と合わせては「鶴の友 別撰」、冷や(常温)にてざっくりと頂く。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。