日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 琥珀ヱビスを呑む
2006年11月25日 (土) | 編集 |
2006年11月25日

なんというか、秋の行楽シーズンまっただ中、阪急京都線の混み方が異常だ。詳細は省略するのだが、憂鬱で腹立たしいのだ。こっちは遊びにいくわけではないのに座っていると痛い視線、いい加減にしろ。

イメージ 1

さて、今週では貴重な家呑みの一日、ようやくビールの「琥珀ヱビス」を呑むことが出来た。風味はやや華やかで、旨味はほどほどで丁度良い。後口に至ると熟成感があるものの軽やか、ほのかにベリー系の甘味も感じる。やや澄んだ印象で予想とやや異なるものの、ヱビスとしてのネームに抱く上質のビールとしての期待に合致する。

イメージ 2

晩酌自体は湯豆腐に根室缶詰の秋刀魚のオイル漬け、それに合わせて「旭若松 雄町・山田錦(16BY)」の燗を二合呑む。この「旭若松」についてはこれまで何度も記載しているので省略、ご了承頂きたい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。