日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 多忙につき、まとめup
2006年11月29日 (水) | 編集 |
2006年11月26~28日

いやはや、時間が足らないっす。日曜からブログそっちのけでなにかとバタバタとしてる。今も状況はあまり変わらんが。。。

日曜日は一日所用でバタバタと、晩は懇親会で外呑みとなる。大阪は野田界隈だったので、この集まりでお決まりだった新世界系串カツ居酒屋だと思いきや、チェーン系の「志な乃亭」だった。何で店を替えたのかと問うたところ、その串カツのお店は業態が変わったのか、撤退したのか、とにかく別の店に変わってしまったとの話だった。今回はホッピーのキンミヤ焼酎割で通すつもりで楽しみにしていたのに、残念。

イメージ 1

ともかく「志な乃亭」では、一杯目は生ビール(ここもSDしか置いてないんだわ)で乾杯した後、早速焼酎に切り替える。芋焼酎で「白金乃露 芳醇」のお湯割りを一杯呑んだ後、全体でボトルにて頼んだ「黒甕」を呑み続けていた。思いの外、「白金乃露 芳醇」は風味がばらけて雑味が目立つイマイチな印象だったのだが、これはバイトの子が割るお湯を後に注いだのではないか?という疑いを抱いてしまうものだった。

イメージ 2

そうこうしている内に会はお開きとなり、9名ほどで河岸を替えて二次会の運びとなった。今度は道路を隔てて阪神野田駅の高架下の「桜百番」、数年前までは何度も利用していたお店だ。こちらでは「富乃宝山」の四合瓶ボトルを一本頼み、酒を呑む人で相伴した。久々に芋臭さが無いことで有名な「富乃宝山」を呑んだ印章は、案外芋らしい風味を感じたというものだった。それだけ芋の風味に馴れて、認識出来るようになったということだろうか。その「富乃宝山」を呑みきったあたりで二次会も締め、帰路に着くことになる。やや呑み過ぎだった。

月曜日は多忙ということもあり、晩の帰宅も22時半、もう酒も無しでいいかと思ったのだが、主菜が刺身だったりして、「すっぴんるみ子の酒」を冷やでぐい呑み一杯だけ呑む。本当に形だけだ。

そして本日火曜日、帰宅自体は21時半過ぎではあるが、しっかりと晩酌をとる。まずキリンのビール「ハートランド」を呑んだ上で、先日開栓した「宗玄 純米雄町 無濾過生原酒」を一合ほど燗にて呑む。「宗玄」を選んだのは主菜が鰤大根だったためだ(手違いで写真は失念)。晩酌自体は良かったのだが、いかんせん何かと時間が足りないなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。