日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2006年大晦日
2006年12月31日 (日) | 編集 |
2006年12月31日

とうとう本年も大晦日を迎えた。ともかくこのようにブログを継続して出来ていることはただただ有難い限りと言える。

締めの言葉は後にとっておいて、先に昨日30日については本年最後の休肝日とさせて頂いた。とはいえろくに書けていない年賀状も進めていない。。。

イメージ 1

まぁとにかく、本年を締め括るにまず呑むは麒麟のビール「ハートランド」、ブログ上では言わずもがな私が好きなビールの筆頭に挙げられるものと言える。このようなビールに出会えたのもブログをやっていたお陰である。

イメージ 2

続いては灘の安福又四郎商店「大黒正宗 原酒」、この清酒もブログをやっていたからこそ出会えた銘柄の一つ、銘柄だけでなくお酒の交流関係にもつながっているという点では象徴的な銘柄と言える。合わせているのは鰤の塩焼き。この「大黒正宗」に出会えたの昨年のことであるのでこれも言わずもがなかとは思えるが、実際に本年に出会えて楽しませて頂いた清酒は実のところ多数ある。他のカテゴリーのお酒も同様ではあるが、やはり清酒の探求は実に面白い。開栓後・保管温度による変化が顕著であり、これがまた楽しい。まぁあくまで個人的な趣味の問題なのであしからず。(あくまで焼酎に関しても好きで呑んでいたりするので)

イメージ 3

もちろん大晦日なので年越し蕎麦も忘れない。そうして2006年も過ぎていく。本ブログを御覧の皆様、本年もお世話になりました。それではよいお年をお迎え下さい。

追伸:今年は毎年楽しみにしていた大晦日のTV番組、「TVタックル」の特番が超常現象スペシャルじゃあ無い・ ゜・(ノД`)・゜・ あれは否定派をおいてバトルさせるという良心的な構成をしているからこそ楽しんで視聴出来る、貴重な番組であったのに~。お陰で紅白を見てる始末ですわ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。