日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「からり芋」、ボトルで
2007年02月20日 (火) | 編集 |
2007年2月19日

本日は夕方からの会合があり、その後に食事がてら呑みに行く。この集まりでは毎度おきまりのチェーン系居酒屋の「平八亭」に行く。この手のお店はマニュアル重視なので訪れる度のサプライズというのは期待出来ず、複数回訪れているとだんだん書くことが無くなってしまう。まぁ私の抱いている印象としては、いわゆる“地酒”メニューの清酒を燗にしてくれないことに目をつぶれば提供される料理自体は期待に見合うものと言える。接客についてはあえて言いません。

イメージ 1

今回は生ビールを一杯呑んだ後、芋焼酎の「からり芋」をボトル(五合瓶)で注文し、シェアすることになった。飲み方はもうお湯割りのみ。これは以前にも呑んで、記事にも書いたのだが、鹿児島の小正醸造とサッポロビールが共同開発した芋焼酎、飲食店等の業務用販売が中心のものである。クセは弱く、やんわりと甘みをもつ風味なので、ゆるゆると呑むにはなかなかに良い焼酎と思う。風味のインパクトを求める場合には物足りないだろう。このボトルをシェアしたのは六人だったので、一人多くて二杯と言ったところで呑みきり、この日は締めることになった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。