日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 竹鶴 純米にごり酒
2007年03月04日 (日) | 編集 |
2007年3月3日

今日は桃の節句、いわゆる雛祭りの日である。雛祭りと言えば甘酒がつきものなので、それにちなんでにごり酒を呑もうかと思いつく。ちょうど手元に広島の竹鶴酒造「竹鶴 純米にごり酒」の今年のものがあるし、渡りに船と開栓した。

晩酌で楽しむ前に、先に母親の今日の茶事の稽古で提供することになる。一応、大手の酒造蔵の物で缶の甘酒が用意していたようで、それが口に合わなければ呑んで良いよと言っていたら、案の定、にごり酒の方を出した様だ。

イメージ 1

さて、この竹鶴のにごり酒、純米の造りできっちりと発酵しきった軽さがあり、濁り酒にありがちな甘ったるいダルさが無い好例と言える。酒そのものでは濁りの持つ様々な味の多さがあり、それだけを呑むにはややしんどい。しかし、今日の料理と共に呑み出すとこれがまた重さが消え失せ、口内を洗い流すと共に軽快な飲み口が楽しめるという心持ちと言える。この辺りは「竹鶴」を求めた期待通りだった。呑み方はもちろん、主に燗で頂くのである。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。