日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 気を取り直して、竹鶴純米にごり酒
2007年03月18日 (日) | 編集 |
2007年3月18日

昨日は腹立ちのままの外呑みで、あまりまともに呑んだお酒のコメントも書けなかった。とはいえ、呑んだ中には佐多宗二商店の芋焼酎「角玉」を呑み、黒麹なクセをあまり感じさせずに良い具合の風味の出方に好感を持ったことはキチンと明記しておきたい。

さて、何処にでも思慮に欠ける輩はいるもので、ぐだぐだ引きずっていても仕方ない。とりあえず、今後仕事はもちろん、酒席で同席することもご免被りたいだけだ。

愚痴ばっかりになってもどうしようもないので、昨日は呑み直せなかった分、清酒を堪能することにする。すでに開栓して何度も登場している「竹鶴 純米にごり酒」を燗で楽しむ。

イメージ 1

本日の主菜は鶏の砂肝のロースト、頂き物のイカナゴの釘煮等。本日はこの「竹鶴」をまず食事に先んじて口にする。それだけだと味が多くて、そのまま杯を重ねるにはキツイ印象なのである。ところが、料理を口に付けてから呑むと味の多さが一気にまとまり、食中酒として料理と酒の相乗的な引き立て合いが見事なのである。このような食中酒としてのポテンシャルの高さは竹鶴の特性なのだろうと改めて思える。これは濁り酒ではあるので、麹・酒粕的な風味が強いのだが、糖分をしっかり発酵仕切った骨太な軽快さがあり、この濁り酒の燗はたまらなく美味く、楽しいものなのである。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。