日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 呑み歩きは延期、呑むは「御前酒」カップ
2008年05月13日 (火) | 編集 |
2008年5月13日

本日は友人と、再度の天満呑み歩きを予定していた。が、友人が急な仕事のために急遽中止、延期と相成る。家には「晩飯いらん」と告げていた手前もあり、どうするものかと少々悩むも、少々馴染みで無ければ一人呑みは淋しくて辛い、近々本日の代わりが入ること(本日予定していた分の出費がそちらに回る)を勘案すると、適当な肴を調達して家呑みにしておくのが無難と判断、閉店間際の百貨店にてセールの惣菜からピックアップして帰宅した。写真の三品で600円を切っている。酒は家でのストック分だが、それを入れても1,000円というところだろう。

なんとなく立ち呑みの様なチープな雰囲気(くれぐれも言いますが、大阪の子にとっては「安い」は美徳の一つ)を持ってきたいなぁと、遅れてやってきたマイブーム(それすらもう過ぎ去った? いえいえ、欲しくてもどこもカップ酒コーナーは縮小してますんで買い漁れない)で購入していた岡山県は美作の辻本店「御前酒(読みは「ごぜんしゅ」、決して「おまえざけ」と読んではいけません(++))」カップだ。特定名称酒の表記は為されていないのでこちらの最も低価格の普通酒のライン(いわゆる昔の二級酒)に該当するのかと、とはいえ、原料は米・米麹・醸造アルコールであり、糖類等は用いていない。後、カップ一つでは足らんだろうと「大黒正宗なまざけ」も引っ張り出しておいた。

イメージ 1
イメージ 2

この「御前酒」カップ、開栓しての一口の感想は酔っ払いオッチャンの酒だ。むしろ、カップ酒を地で行っているような趣だ。大部分は本日の冷や込みや降雨の気候に鑑み、当初から予定していた通りに徳利に移して燗付ける。やや高めの温度にまで燗にすると、ツンとしていた感じが柔らかくなってなかなかに良い感じに呑めてしまう。気取らない居酒屋のカウンターで頂く燗酒の様、いくらでも上等な酒が世にあろうが、ここでは癒される感がある。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。