日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 そんなに犯罪者面かなぁ。。。
2007年06月24日 (日) | 編集 |
2007年6月23日

今日の帰りがけ、京都市内を自転車で快走していたんですが、ちょうど交番の前を通りかかった時に警官が待機してんなぁと思いつつ素通りして数百メートル、急に後ろから近づいて来たバイクが話かけて来るから「新手の勧誘商売か!?」と思ったら交番のところから警官がバイクで追っかけてきた様子、まぁ案の定の話で防犯登録チェックという用件、なんちゅうかわざわざバイクで追いかけてくるなんて、わしゃどれだけ容疑かけられてんねん!!(゚Д゚)ハァ

当然のごとく、防犯登録を問い合わせれば疑うところなど何も無く、すぐに解放されるのだが、これで三回目ですわ、全て京都市内で。しかもわざわざ追っかけてこられたのは初めてなのだ。絶対時間で圧倒的に自転車走行量が勝っている大阪市内で引っかかったことはまず無い。これも自転車盗難届けの差というか、京都と大阪の府県警の体制の違いというか、とにかく、疑いをかけられてしまうこっちはたまったものではない。普段から左側通行やライト点灯(テールランプもバッチリ装備!)と交通法規に遵守し、普段の整備も心がけているという、昨今の平気で信号無視や無灯火走行、携帯ながら運転にカップルいちゃいちゃ二人乗りの横行しているなかでこんな模範的なチャリンコ乗りの方が少ないというのに、全く。。。となるとそれだけ犯罪者面ってことか、オイ。。。いやまぁ確かに今日は休髭剃り日(髭が濃いくせに肌が弱いので、毎日剃っていたら肌が荒れて往生します)で無精髭状態だし、私生活にだらしなくて自転車をパクりそうなダメ人間ってこと!?

イメージ 1

ということで落ち込んで涙で枕を濡らす。。。ってことは全然ありませんが、なんかやな感じですわ。しっかし引きずっていても仕方ないので、気を取り直して晩酌を楽しむ。まずはヱビスの黒を呑み、食中には清酒で「天野酒 生もと純米無濾過生原酒」、これがそれほど残っていなかったので「大黒正宗」も用意し、大黒まで数杯呑むに至るぐらいで終える。「天野酒」は酸味主体で旨味溢れる飲み口、なかなかに楽しませてもらえた。それも大阪府下の清酒となるとオモロく感じてしまう。一方、「大黒正宗」は灘の酒、元々大阪は灘や伏見に挟まれているといえるぐらいに地理的に近しいので、風土的にはこれも親しみうる地酒と言えるだろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。