日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 奄美大島黒糖焼酎 龍宮 30度
2007年07月09日 (月) | 編集 |
2007年7月9日

この梅雨も明け切らぬジメジメした季節から猛暑にかけて、南国の酒を欲してしまう感がある。とりわけ日本の中では黒糖焼酎や泡盛を連想してしまう。この季節には一本は常備しておきたい。

それで今、手元にあるのが奄美大島の富田酒造場「龍宮 30度」である。こちらの蔵の定番酒にあたるものだろう。小規模な蔵(手元の2003年の資料によると300石とあるが、現時点では600石という表記もあり)であり、一次・二次仕込み共に甕仕込みで黒麹仕込み、2003年度以降は全ての原料に国産のものを使用するようになったともある。

イメージ 1

呑んだ印象としては、これまでの黒糖焼酎のイメージに比べて最初に来る甘い風味はおとなしい、その一方で旨味というべきコクの部分はとても濃厚、黒糖と黒麹の出会いとはかくの如くかと納得させられるようでなかなか面白い。焼酎としてはとても濃厚な風味であることも興味深い。私の中では黒糖といえば朝日三兄弟で納得していた気持ちがあったのだが、それとはまた異なるステージでの美味さを体現している。主にロックや氷なしの水割りで呑んでいたが、杯を重ねるごとにコクの部分が魅力的になってくる印象だった。

ところで、この「龍宮」は私が今のようにお酒を趣味として、焼酎にも興味を持ち出した頃にはすでに幻の様相を呈していた。全くといって店頭で見たことが無かった上に、ネット上でもあり得ない価格を除いてどこも売り切れだったと記憶している。それが、半年前にはちらほら市場で見かけるようになり、ようやく味わえるなぁと購入しておいたのである。つい先ほど楽天上で確認しても極々普通に購入出来る様子で、芋ではまだまだまともな入手の厳しい銘柄が多いことに比べて黒糖はかなりプレミア傾向が落ち着いてきたと思える(それでも某銘柄の特別版や古酒には未だ出会えんなぁ…)。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。