日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 定番の一つ、さつま寿
2007年08月07日 (火) | 編集 |
2007年8月6日

もう何度も書いているのであえて書く必要は無いのでは、と思えるぐらいに、私の中で最も芋焼酎で消費しているのは尾込商店の芋焼酎だったりする。白麹好きの私にとってはかなり好みに合致する。一方、季節ものとして出されるという演出の妙もあってか、黒麹仕込みである「桜」の方もなかなか好きだ。

イメージ 1

ところで、しばしばお酒の特集が組まれる雑誌『dancyu』でも年一回ぐらいのペースで焼酎特集が組まれる。ちょうど今月号で焼酎特集を組んでいる。今日それを本屋で見て購入したりしたんだが、そこでは特に尾込商店は紹介されてはない。だが、2003~2004年の特集の際にはさつま寿が大きく紹介されていたりする。たまたま2004年の特集号を今日古本屋で入手出来た(2003年のものは以前に入手していた)ので見てみると白麹系で一押し扱い、こうも「さつま寿」が手に入りにくく苦労しているのはdancyu誌のせいです(`m´#)

冗談はさておき、今回のdancyuの特集号、そこそこに緩急をつけた感じで見ている分にはそれなりに楽しめるように思える。後、今回は宮崎特集の記事があり、個人的に「さつま寿」と並んで自分の中で定番と位置づけている宮崎の「松露」も結構取り上げてもらっていて、関係ないのになんかうれしかったりする。そういえば晩酌で「松露」はご無沙汰気味、そろそろ戻ってあげないと「松露」好きを公言している私の立つ瀬が無くなってしまう。一応、一本はストックとして保有しているので何とか面目躍如か。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。