日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お盆、呑むは「龍宮」
2007年08月13日 (月) | 編集 |
2007年8月12日

お盆となると帰省やら墓参りやら行楽やらでお忙しい方が多いのだろうと思う。しかし、私は墓参りぐらいしか予定が無かったりする。というのも、私は大阪に住んでいて、自宅が元々より父親からの家、お墓も大阪府下の霊園にある。そして母方の実家も大阪市内、お墓も谷町なので自転車で行けるぐらいの近さだ。墓参りの他は14日に母方の実家の方に赴き、晩は外食という予定ぐらい。一応、帰省ってことになるのかもしれないが、日常の京都通いの方がよほど遠出である。

本日の晩はちょっと手抜き気味で、近所のお好み焼き屋さんに出前してもらう。あまりこの手のコテコテなものは我が家でこの頃登場しないが、私は生まれも育ちも生粋の大阪の子、粉モンは極々当たり前の食事であり、おやつだったりする。ちなみに、私は粉モンをおかずに御飯を食べるみたいなことはせんよ、御飯を食べるぐらいなら粉モンの方を追加する。

イメージ 1

私はミックスモダン焼きを所望したのでかなりのボリューム、そもそも御飯の入る余地などない。それでまあ、このようなソースの味付けが強い料理に合うお酒となると何があるか、ビールが無難なところなんだが、黒糖焼酎の中でも野趣溢れる荒々しい風味の「龍宮」がソースの様な騒々しい香味となかなか好相性を示す。ロックにて合わせて頂いた。

ただ、この組み合わせのアイデアは完全なオリジナルでは無く、今月のdancyu誌から着想を得ている。たこ焼きに「龍宮」を組み合わすという話が出てきて、悔しいけれどもそれに納得してしまった次第なのである。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。