日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 猛暑の一日、風の森にて締める
2007年08月17日 (金) | 編集 |
2007年8月16日

どうやら本日は全国各地で最高気温記録の更新となったとか、大阪も京都も38度を超え、そりゃ暑いはずだ。かといって、冷たいものばかり口にしていてどうもお腹が冷えている気もあり、なかばやけくそで熱いお茶なんかも日中口にする。

本日は京都にて五山の送り火で日没後の人出が多い。私ゃ大阪に帰らねばならんので日の落ちぬ内に退散する。送り火となるともうお盆も終わりだ。

先に書いたように、ついつい冷たいものを頂いて冷え気味、胃腸にも負担がかかっている感がある。それは晩酌でも言え、ついつい冷たいビールを、凍らせたグラスにて、帰宅後すぐの風呂上がりにて、それまでの水分補給を控え気味にて頂くということを繰り返してしまっており、そんなキンキンに冷たいものを一気に胃に流し込んでしまっている。そりゃ胃腸も疲れるだろう。本日はグラス凍らしまではせずにほどほどの冷たさにして押さえておく。また、冷凍保管していた酒粕にて簡易的な粕汁を用意したりとお腹を暖める方向に持っていく。そうなると食中には当然燗酒として「風の森 純米しずく酒 無濾過生原酒(アキツホ)」を持ってくる。

この猛暑の気候、それに対して身体を冷やしてしまう分、燗酒や酒粕は有用だろうと思いつつ、そろそろお盆気分も抜いて体調を整えていかねばいかん。

(写真は撮ったけれどもしっくり来なかったのでボツと致しました)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。