日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 軽快ノリノリな「赤トンボ+22」
2007年08月19日 (日) | 編集 |
2007年8月19日

いくら日曜日だからといっても、本日は寝坊し過ぎてしまった。一応は普段の目覚ましのアラームで一旦起きたりはしたが、その後もどうもうとうととベットから出れずに寝てしまい、ようやく起きたのがもう11時前だった。おかげで慢性の肩凝りはちょっとゆるんだかなぁという感じもある。

イメージ 1

それはともかく、晩酌にはビール一缶の後に清酒一合、神奈川の泉橋酒造、17BYの仕込みでの「いづみ橋 赤トンボ7号」、日本酒度が+22という代物。詳しくは開栓時の記事をご参照下さい。開栓後、かなり経つので味乗りはかなり行っている。+22のスペックからもわかる軽さのものが無濾過生原酒的な濃醇な方向に味が乗るという、一見二律背反している様な風味の構成が面白かったりするのである。天麩羅や冷や奴と共に本日は燗酒で一合のみ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。