日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 宮之鶴、造り酒屋櫻井
2007年09月17日 (月) | 編集 |
2007年9月16~17日

9月の三連休、故小渕首相の置き土産のブラッ…ゲフンゲフン! もといハッピーマンデー法案のおかげで三連休が二週にわたって続く。個人的には下手に月曜に祝日が固まるのは好きではない。色々とひずみが生じる。昔、ホテルの宴会サービスでバイトしていたころは逆に三日連続で忙殺されて(ほら、結婚式って土日祝に集中するっしょ)殺意すら覚えましたよ、ええ。あっと、もう故人だったか。

溜まった作業も多くて休みでも何でもない。それでブログには向かわずという具合になっているんす。明日からの一日短い平日も予定が詰まりまくり、木曜に東京出張もあるけれども夜行で帰るかも。。。

イメージ 1

とはいえ、晩酌は欠かさない。このところの八月といっても遜色の無い暑さでは南国志向気味で、16日は泡盛の「宮之鶴」を、一応お腹を冷やさないようにとお湯割りで頂く。至福である。

イメージ 2

本日17日は夏場に豆乳鍋(豚肉)だというので芋焼酎の「造り酒屋櫻井」を水割りで頂く。白麹好きの私でもあり、改めて「造り酒屋櫻井」の完成度の高さには感服する。ただまぁこの手の焼酎に触れるのにはジレンマを感じてしまう。滅多に売ってないし(腹黒連中を肥えさせても良心が痛まず、なおかつ吐いて捨てるほど金が余っているのなら簡単に手にはいるが)、私自身もリピートは難しい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。