日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キリン一番絞りSTOUT、都美人
2007年09月23日 (日) | 編集 |
2007年9月22日

九月二度目の三連休の初日、ようやくゆったり家呑みが出来る。まず頂くのは近日発売されたばかりの「キリン一番絞りSTOUT」、キリンには元々「キリンスタウト」があったり、「キリン一番絞り黒生ビール」があったりするなかで、あえてリリースする意図は何か?等々の疑問点は多い物の、少なくともそれらの存在感は薄い。いわゆる黒ビールのジャンル(黒と一言で言っても色々種類があるのでとても曖昧だが)では「ヱビス・ザ・ブラック」や期間限定のはずなのにいまだ店頭に大量に積んである「プレミアムモルツ 黒」などの他社の存在感が大きいこともあり、新製品を投入したのかなぁという印象だった。とりあえず店頭でこれがあるのを見かけて、原材料を見ると一番搾りのはずなのに副原料を用いておらず、それこそまさに「ヱビス・ザ・ブラック」「プレミアムモルツ 黒」辺りの他社製品を意識していると言わざるを得ない。まぁこの手のビールは好きなのでおまけグラス付きの三缶セットで購入する。

イメージ 1

印象としては他社に比べれば軽快な呑み心地、といっても風味の構成自体は過不足無く安心して呑める。スタウトといっても度数も強い文字通りの日本の既成スタウトというよりもギネス辺りのスタウトのイメージに近いでしょう。「プレミアムモルツ 黒」はやや風味が強すぎる印象があるので、それよりもこちらの方が好みだなぁ。それに、これは価格的にも安い、良い線行ってるような感じがしますわ。

イメージ 2

その後は開栓して十日ほど間が空いてしまった都美人酒造「天秤絞り 山廃純米 木槽仕込 都美人 しぼりたて無濾過生原酒」(18BY)を燗で頂く。清酒は一週間ぶりであり、燗酒の呑み心地はやはり素晴らしい。そういう一服を得れた本日、ちょっとこのところの忙殺でしんどかったのだ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。