日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 所得関係なしに、半分以上は野菜の献立を欲する
2014年07月16日 (水) | 編集 |
2014年7月15日

実は先週の金曜日は夕方の用務のちの流れで外飲み、いわゆる居酒屋メニューである。その翌日の土曜日はなかなか行く機会がなかった(いざ行っても満席行列状態であきらめざるを得なかった)天満のマッスルホルモンに赴けたので肉食中心となる。そうなると普段の食生活に比してどうしても野菜過小の食事になる。二日続きとはいえ少しぐらいはそういう食事でも問題ないだろうと油断していたら一気に体調が優れず気分も乗らなくなる。やはり野菜をがっつり食ってちょうど良い。

140715.jpg

そんなこんなで昨日14日月曜はゴーヤチャンプルで豚バラを使いつつも後は大根・舞茸・榎茸の味噌汁に定番の酢の物で野菜がほとんど、そして本日はちょろっと鶏胸肉の入った野菜過多のトマト煮、昨日の味噌汁の残りで煮込んだ蒟蒻、小松菜・葱・胡瓜・モヤシでナムル仕立てでさらに野菜ばかり。栄養素としてはたんぱく質は意識せざるをえないし、念のために言っておくと栄養バランスをとるために米も食す(私は一食当たり半合を目安とする)。それで自身の体格や生活習慣から導き出される一日の消費カロリーとされる数値の8割ぐらいを目指す(厳密さはこだわらない)のがダイエットにも適したバランスでの身体維持にも好ましい、というのが経験則での持論である。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。