日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 横書きの晩酌
2014年06月28日 (土) | 編集 |
2014年6月27日

改めて記すと、晩酌としてワインを飲むことも多々ある。もちろん晩酌と言った場合に日本酒や焼酎を飲むのが、自分から晩酌をし出した頃からの習慣ではあるのだが、世界的に食事と合わせる酒の大勢を占めるワインも素直にやはり好きである。さらに言えば状況や気分で様々な酒を飲みたい。バーであればスピリッツやショートカクテルを積極的に選択する。ゆえに先日につぶやいたように、「自分は日本酒しか飲まない」みたいなことを主張する行為には疑問詞がつくし、やせ我慢にしか聞こえない。まぁ各人の内面で完結することについて、本能的に自身が満足していればいいのだが、そうでなければその酒のことが理解できないとかは一切ないはずである。

さてと、ワインの場合はフルボトル単位が基本となるので飲むときの思い切りが伴う。残すとしても近日中に飲み切ることになる(逆に日本酒や焼酎の場合は一升瓶を旨として長期にわたってじっくり味わうという楽しみがある)。故にワイン晩酌の場合は独特の勢いでもって非日常的な気分転換にもってこいではある。週一回はそういう機会を持っている。

140627.jpg


ワインを飲む場合、それを意識しての献立となる。定番としてはトマト煮込みである。野菜オンリーであればラタトゥーユの感覚で、何かしらの肉・魚介類をメインに据える。玉葱・人参・馬鈴薯当たりを基本として茸類などとトマトの缶詰をベースにして煮込む。香味漬けに大蒜や月桂樹やバジルや胡椒等々、後は軽く塩程度であっさり目に、素材そのものの滋味を楽しむ方向性で仕上げる。メイン食材に、本日は第一候補に豚バラを志向していたが牛スネ肉の角切りが安かったのでそちらに切り替える。それにブロッコリーのサラダと、先日朝食にと購入していたパンがちょうどカンパーニュだったので御飯は炊かずにパン食とする。酸味の強いカンパーニュ、朝食にバターで食すのも悪くはないんだが、やはりトマト煮込みのスープに漬けて食したりすると抜群に美味かったりする。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。