日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 先週末の福島出張、そして「限定にごり 常圧 豊永蔵」
2014年05月31日 (土) | 編集 |
2014年5月28日

直近の土日(24~25日)は福島県(大阪に実家を持つ身としては「福島」のみで記すと混同する)と東京の巡航的出張、一泊二日にて福島市のJR新幹線・在来線福島駅近くにて宿を取る。どうもこの日程はホテルのレートが高く、そんな中でやや駅から遠くて空調設備に不備があるという条件付きの格安の部屋を見つけたのでそこを予約、少々の歩きはいとわないタチである(むしろ日常の運動として好ましく捉える)し、こんな時節に空調など不要である(真夏でも就寝時にエアコンは使わない)。もちろん、駅から遠いというのは難点である(翌朝早めに駅前のバスターミナルから東京新宿行きの高速バスに乗車予定なのでもし寝坊したら大変だ)が、夜の食事に関してはこの遠くの立地が良いように働いた。

ひとまず当初は一人で、二次会的に今回の用事で来ている身近な方と合流する流れ、逆に言えば一件目は自由気ままに選択できるということでもある。県庁や銀行が集中する地区に近い位置にある今回のホテル、すぐ近くには商店も飲食店も少ないのだがチェックイン直後にPCを開いてGoogleマップを見てみるとすぐ近くに魅力的な響きの店名がプロットされていた。それが「酒蔵 岩瀧」とある。調べてみると地元密着で評判の良い大衆居酒屋といった様子、そこに目星を付けて外見もチェックしつつ、ひとまず福島駅東部の飲食店の集中する地域を散策してみたが、どうにも気疲れしてしまった。昨年も福島県内に出張した折に夜遅めに福島駅に着いて宿泊した折にもややそういう印象があったんだが、この地域における歓楽街的役割にある地区だろう。特に店が集中している通りについては、大阪では夜の北新地に近い印象、といえば関西の方にはおわかりいただけるかと。決して気になるお店がなかったわけではないというのは明記しておきたいが、一人では敬遠せざるをえない空気もあって、当初の意志に基づき、件の「酒蔵 岩瀧」へと戻る。いざ入店してみると立地的に土曜で勤め帰りの客が少ないということと遅めの時間ということもあってか多くの席が空いていてすんなり入れた。お店の様子としては蔵を改装して店舗としたらしく、その空気に沿うように壁にはレトロな赤線縁のポップでメニューが並んで、狙い通りで面白い。テーブル席も多く空いていたが、一人でむしろ好ましいのでカウンターに座り生ビールのち店名を冠した銘の清酒「岩瀧」(現在は自家製ではなくて市外で作っている、ということは伺った)を二杯ほど、甘めの普及酒といった印象にて実に良い。食事にそこそこ腹が溜まりそうで肴にも好適そうということでまず白モツ煮込みと冷や奴を注文したところ、煮込みにも大きめの豆腐が入っており、「豆腐がダブってしまった」と思わず五郎風に独白してしまう。初訪問で予備知識も少ないのでその点は笑わんでください。もっとゆっくりしたい気は大きかったものの遅めの時間からの入店で、先客もぼつぼつ帰ってぼっちになってしまい、二次会へのお呼びの電話も鳴り出したので、閉店時間までまだまだ余裕はあるもののぼちぼちと退席いたす。その後は合流して四人のグループで、先の散策で最も気になっていた会津郷土料理を看板に掲げた居酒屋「楽」に入る。二件目のグループの流れとしてビールぐらいしか飲めずでしっかり堪能できたわけではないが、敬服愛飲する「会津娘」を筆頭として福島酒が豊富で、現状の造りが山形であることに即しての扱いとは思うが、県外の地酒として筆頭に「磐城壽」を挙げていることにも非常に好感を抱いた。フロアの接客対応の方も好印象だった。

140528.jpg

この土曜を含めて月曜にかけて出先の勢いでやや飲み過ぎたので火曜は休肝としてアルコールは摂取せずで和の出汁で野菜類を炊いて食した後にその鍋に饂飩を入れて食して了とする。そうしたインターバルを挟んでの晩酌にて、日常の定番ながら本来の意味での馳走的な夕食であり、酢の物に炒め物、鶏砂肝の焼き物、そして葱鬚根の唐揚げである。葱鬚根はカットものではなくて束で買えば概ね付いてくる。捨てられる部分と扱われることが多かろうが、その束の分を集めて唐揚げにすると量は少なくともほろ苦さが堪らなく美味い肴となる。それに合わせては球磨焼酎の「豊永蔵 常圧」の限定にごりを頂いた。嫌みに感じるような濃すぎる風味やクセは皆無ながら裏ラベルにある通りの「とろみ」が主体の濃醇さが心地いい。クセや単純な濃さではないのに口内をくすぐるような官能に直接至るような類例が想起できない酒質は、これの蔵出しまでのお手数や工夫の成せるものと思う。ただただ素晴らしいという感想にて杯を重ねたのである。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
五郎風w。

「葱鬚根の唐揚げ」,というか葱鬚根を食用にするというのは衝撃的でした。
その昔,関東の「白ネギ(長ネギ)」文化にどっぷりはまっていた際に,関西での青ネギ文化を知ったとき以来かも。
今度試してみます。
2014/05/31(土) 18:31:37 | URL | 和 醸 良 酒 #-[ 編集]
>和 醸 良 酒さん

件の料理は、10年以上前の本になりますが、最初は雑誌『オレンジページ』の別冊ムック『米の酒はおいしい』(絶版ですが古本は入手易)内にて紹介されていたのですわ。どこまで一般的なのかは不明ですが、マイナーなことには間違いないかと。骨センベイ的なノリですね。

ちなみに、この本ではいくつか酒蔵をピックアップして特集していますが、そのトップが神亀酒造という点が象徴するように、基本は純米オンリーのスタンスの内容ではありますし、マクロビオティックの思想に依拠した偏りはあるのでその点は話半分で見るべきかと思います。ただし、今考えても内容は参照する価値のあるものとは思います。
2014/05/31(土) 21:41:26 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。