日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2014年新春御挨拶
2014年01月02日 (木) | 編集 |
2014年1月2日

一日挨拶が遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。

140101お屠蘇

年始めはお屠蘇で幕開け、例年通りに年代物の清課堂の屠蘇器に錫半の三揃盃にて、今年は頂き物の新潟石本酒造の「越乃寒梅」白ラベルに愛知の藤市酒造「瑞豊味醂」を少し混ぜて先刻記事の経緯で入手した屠蘇散を数時間漬け込んで仕上げました。

140101お節


おせち料理は億劫な感じで恥じ入るところですが皿盛り、内容的にはそんなにお重と遜色ないかと存じます、こちらも例年通り、煮豚や鰤の焼き漬けなどを手前で作って添えました。昼も晩も似た様な内容で区切りが曖昧ながら、自発的に昼も晩も飲み重ねる貴重な機会。香川の丸尾本店「悦凱陣 興」の新酒や味醂と同じ菊市酒造「菊鷹」の新酒を頂いた。

1401021Lジョッキビール

140102菊鷹

翌二日も似た様な状態、買い物に出た際にめばちマグロの赤身などを購入して若干変化を加える。ビール飲むにも特別な旧アサヒ1Lジョッキにヱビスビールを注ぐ。すり切れで1Lなので泡の分を考慮すると500ml缶に350ml缶を足すのがちょうど良い。大日本麦酒時代にアサヒとサッポロが一緒でしたのでヱビスを注ぐことに違和感はないでしょう。
その後は引き続きの藤市酒造「菊鷹」の新酒、杯を重ねてゆるゆると。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。