日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 福井酒が続く、花垣米しずく ひやおろし
2007年10月02日 (火) | 編集 |
2007年10月1日

そういえば本日は日本酒の日ですなぁ、帰宅したぐらいに気付きましたわ。まぁ主菜が鮪の山かけや厚揚げとと菜っぱの焚き物、う巻き等、清酒向きであるので素直に清酒をもってくる。

イメージ 1

頂いた清酒は福井の南部酒造場「花垣米しずく ひやおろし」である。四合瓶なので二度目の登場の今回で呑み切る。開栓後しばらく経ったこともあり旨味は乗ってきており、それこそオーソドックスな清酒の風味を形成している。燗酒としてそつなく楽しめた、という所である。このように言い表してはいるが、日常の晩酌の酒として考えると香りは突出せずに均整のとれている、それでいて旨味と切れを伴う風味であり、呑み飽きにくいという点でも狙い所をキッチリ体現している、と思えるのである。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。