日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 この頃の晩酌
2008年06月06日 (金) | 編集 |
2008年6月3~5日

皆様、更新が停滞気味で申し訳ない。

イメージ 1

3日
たまにはBassペールエールを頂いて、食中には芋焼酎という晩酌。Bassは風呂入る前に冷蔵庫から出して温度を上げておいたが、それでも冷えすぎ状態な感じで失敗。。。

イメージ 2

4日
晩酌には旭若松、今年度の2号タンクもの、一合ほどの残りだったのでこの回でひとまず呑みきる。この日の主菜は牛肉の炒め物でピーマン入り、それにゴーヤと、若松を含めれば苦味のトライアングル状態、この苦味の波状攻撃はオコチャマ厳禁のアンタッチャブルな世界。

イメージ 3

5日
食前・食中・食後と球磨焼酎「武者返し」を持ってきての晩酌。食前には水割りで喉を潤し、食中には直燗、食後はロックと、一種のみで通す。人によってはどの本格焼酎にも当てはまるし出来ると言われそうだが、個人的にはこういう、一種一本で一回の晩酌のローテーションを組んでやたら映えるのが球磨焼酎の魅力の一つのように思っている。それは直燗という特有の呑み方が球磨の文化として、スタンダードであるためだ。これによって呑み方のバリエーションにメリハリが効く。「そんなの、単にストレートの状態で直火で燗つけたらしまいでしょ、芋でも麦でも出来るよ」なんて言い出すのは野暮なので止めましょう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。