日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大豆系が被る献立
2013年06月24日 (月) | 編集 |
2013年6月23日

最初に言っておくと、本日の献立は定番の酢の物に大豆のカレー煮込み、そして枝豆の塩茹で、以上という感じ。大豆系が主菜的に被ってしまったがその事情は以下の通り。

第一局面、昨晩はトマトベースの煮込みを作ったので、その残りに豆を加えてカレー風味にしようと思って朝に乾燥大豆を水につけて出る。第二局面、帰りがけのスーパーでの買い物にて、当たりと言えたのが見切り品で半額になっていた地場産の枝付き枝豆、一方で肉・魚類でピンとくる品がなくて、がっつりと枝豆を楽しむ良い機会だと思い切る。その日の市場流通・在庫状況は不確定要素が多いため、朝の時点の判断が功を奏すかしくじるかは見通したてにくい。冷凍の食材・料理を晩の献立に用いる場合も朝に下ろしておくのがちょうど良いんだが、これも同じ理由で判断が難しい。結果、乾物や冷凍庫内のストックがかさむ方向に傾きがち。

がっつり植物性たんぱく質を摂取する日だとすれば問題はないし、大豆そのものなら自分の献立の栄養素で大きく重視する食物繊維も豊富である。ただ難儀だったのは、ウチの下宿は一口コンロ、乾燥大豆を戻すのに1時間は煮る訳だが、枝豆は単純に茹でる過程がほとんどなので同時進行がしにくい。酢の物は火を使わないがそんな時間もかからない。枝豆は枝から外す作業があるといってもそんな手間取ることでもなく、調理作業だけならコンロ待ちで時間ロスが大きいところ。今日はちょうど梅雨の合間でまとめて洗濯したところだったので、アイロンがけに待ち時間を利用して消化する。

130623大豆ばかりにビール

枝豆なのでとりわけビール、そして芋焼酎「夏のまんねん」をロックで飲む。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。