日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ヱビスと相模灘の雄町槽場詰めを飲みながら、食の栄養素について触れてみる
2013年05月24日 (金) | 編集 |
2013年5月23日

130523相模灘雄町

主菜と副菜と御飯で基本的な献立となる。本日の主菜は鶏胸肉とピーマンでのチャンプルー風、副菜としては定番の胡瓜とトマトの酢の物、それと別途にしているが酢の物と被るモヤシの酢漬けになる。モヤシの酢漬けはこの頃よく仕込む。仕込むといっても下茹でしたモヤシに酢をかけただけのもの、味や風味付けに少し醤油や胡麻を加える。こうしとけば保存性が高くて日持ちがするし(モヤシって生のままだとすぐ傷む)、献立にも肴にもすぐ出せるし、酢の物に混ぜてもいいし、昼食の弁当の隙間に添えるにも保存料代わりにちょうどいい。今日の時点では仕込んだばかりで漬かりが浅いんだが、酢の物の残りの汁をつぎ足したりして日毎に味がよくなる。今日の酢の物の場合はトマトの菜汁やジャコ由来の味や三杯酢に含む味醂などが添加されることになる。

モヤシの酢漬けは、ダイエット法として取り上げられる酢モヤシ(茹でたモヤシに酢をかけて白米と食すだけ)にヒントを得ているが、あくまで料理の一品として昇華している。そもそも、酢モヤシでダイエットとかになると、味的に合わずに続かないという話も散見されるし、そもそも「ばっか食い」でのダイエットなどはバランスが悪く賛同しかねる。ともかく、酢モヤシってのの味が悪いってのは調味の吟味が足りないってことと思える。そのままでも飲めるようなお酢を使って、気に入った醤油で二杯酢にでもすれば毎日でも嫌にならんだろうて。あくまで料理として美味しくなければ食事に依存するダイエットなど続くはずはない。さらには、野菜をしっかり摂りつつたんぱく質・炭水化物をほどよく摂取し日々の運動に心がけるのが基本であると、元ローレル指数で「太りすぎ」にあった肥満児で、現在BMIが19のレベルにある自分が断言する。油分の摂りすぎは注意すべきで実際に現在の自分も極力減らしているが、そこそこ摂ることも必要と思う。脂肪もたんぱく質・炭水化物と並んで基本的な栄養素って学校でも習ったっしょ。炒め物やサラダにも少々使うし、オイルを多めに使う料理もしばしば作る(使うのはオリーブオイルが多いなど、油の種類は意識している)。油分を避けて鶏の胸肉や豚のヘレ肉をよく使うが、前者の場合は脂質の塊である皮の部分を捨てずにおくし豚肉では脂身の多いバラ肉も結構食す。朝食のトースト(余談ながら朝食は欠かさず摂る派でパン食派)にはバター(四つ葉バターがデフォ)をつけながら食すと決めている。身体を形成するのは食事であると考えれば、摂取カロリーを制限するにしても実にシンプルな帰結が得られると思うんだがね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。