日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「会津娘 純米吟醸 山田穂」のヴィンテージ飲み比べ
2013年04月16日 (火) | 編集 |
2013年4月13日

13日の土曜、急遽な話しながら運良く参加できたかどやさんでの昼飲み会に参加した。会の詳細についてはすでにそちらのブログ記事にてupされているのでご参照のほど。会自体は会津娘の山田穂使用の純米吟醸の2010~2012酒造年度の三年分の飲み比べ、モノの完成度の高さがストレートに感じられるのはやはり蔵元よりの出荷から日が浅い2012年度(そもそも蔵出し時点で半年だったかの寝かしの期間を経ている)なんだが、綺麗にほどよい熟成感の伴った2010年度は燗映えもして素晴らしく。個人的には旨味が乗って円味にあり、いつまでも飽きずに飲んでられそうな2011年度が好みに思えた。追加的に秘蔵熟成酒や今期の季節モノの「会津娘 花さくら 純米吟醸」も投入して少数精鋭なラインナップ。

本番後も持ち寄りのアテも残っていることもありゆるゆると延長、同席の方が投入された「大黒正宗 生酒」を相伴し、自分が飲みたいこともあって愛知県の藤一酒造「菊鷹 ~比翼~ 山廃本醸造酒 無濾過生」の一升瓶を購入して即開栓、ご同席の方と共に頂く。昨年まで大阪の「天野酒」にて蔵人ながら名を馳せられていた山本克明氏が杜氏として移籍された初年度の近日蔵出しの三種の一つ。度数が18度で高めの新酒ということもあって濃醇で酒質も硬く感じる。さんざん飲んだ後と言うこともありほどほどで留め、そろそろ締めの時間となり、残りは持ち帰りと相成る。

京都に戻ってきて、その足でいのうえさんの立ち飲みに足を向ける。日常的に飲んでるこちらの定番ベルジャンスタイルホワイトのヴェデットをとりあえず頂くが、妙に美味く感じる。それまで清酒ばかりを飲んでいたこともあるが、清酒は乾きを伴って食物の呼び水となる性質がある。とすれば止渇の効用が伴うビールは、清酒をさんざん飲んだ後には、結局は摂取アルコールが加算され負荷につながるのがわかっていても美味いものなのだ。さらに、聞いたら切れていた大好物のランビックビール「ブーングース・マリアージュパルフェ」が入荷済みとのことなので続けて頂く。調子に乗ってブルーチーズと赤ワインのグラスを飲んで下宿に帰宅。米と水分と胃薬を摂取するもののやはり半日近く飲みっぱなしで少々過ぎたようで、中度の宿酔いとなってしまった。

130414炊き合わせ

翌14日は厚揚げや蒟蒻や根菜類の炊き合わせをメインに軽く飲む。微妙に残っていて冷蔵庫のキャパを圧迫してた清酒やワインを飲み切るに止まる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。