日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 たまにはスパロボの話
2007年10月04日 (木) | 編集 |
10月3日は休肝日にしましたわ。翌日はあれなんでねぇ。

休肝日報告だけでは何なので、酒以外の趣味の話でも、というか最近の飲酒以外の癒しがそれになっているのでかなり頭の中を支配してしまってます。それはいわゆるスパロボですわ。私のブログの題名にもスパロボ好きであることを堂々と表していたりします(弐式とか参式はスパロボのオリジナルユニットであるグルンガストの型式が元ネタ、って誰がわかんねん…)。実際の所、私のこの頃の趣味と言えばお酒と自転車とスパロボ(及びその手の映像作品)の三者で構成されているといっても過言ではないのです。まぁ、ゲームやらTVやらマンガといったサブカル的な趣味は空気みたいな感覚で常に傍らにあるという感じなんで、あえて趣味と言うレベルを超えてしまっているというのが正直なところかなぁ、結構マンガも部屋の中でかさばってます。

知らない方のために正確に言うとバンプレストからリリースされているゲームソフト「スーパーロボット大戦」シリーズ、ごく簡単に言うとガンダムやマジンガーZ、ゲッターロボといったアニメで有名なロボット及びキャラクターたちが自軍ユニットとして共闘し、ストーリーに沿った各ステージを攻略(大抵は敵ユニットの殲滅)してゆくシミュレーションゲームでして、ファミコン時代から現在まで様々なハード機にて数多くのシリーズソフトがリリースされている。アニメでおなじみのキャラに加えてゲーム上でのオリジナルキャラクターおよびユニットも存在し、近年はそのようなオリジナルキャラクターのみを集めた(アニメ作品からの出演が全く無い)作品もリリースされてます。まぁ詳しくはウィキペディアででも調べてください(各作品についてもEXとかFとかのみで詳しく書きませんので)。

そもそも私は幼少の頃からロボット物には目が無くて、スパロボシリーズの存在を知ったときは衝撃だったなぁ、最初知ったのは中学の頃にスーパーファミコンのソフトとしてリリースされたEXだったが当時はスーファミを所有してなくて指をくわえて見ていた。結局大学受験を終えるまでスーファミは所有しなかったので、かなり遅れて本体とEX、第四次を購入してむさぼる様に遊んだ。そしてセガサターンを手に入れてF、F完結編とやりこんだなぁ。その後はPS、PS2でリリースされているシリーズをプレイしてきた(している)というところだ。近年はなかなかプレイしている時間が無くて最後までやりこめずに複数の作品を同時進行している傾向にありまして、PS2のソフトではまずMXのリアル編を攻略したのでImpactに挑戦したもののサクサクとは進めないゲームバランス(多分近年のスパロボでImpactはトップクラスの難易度だろうと思う)のために第三部の三部隊にルートが分かれる辺りで一旦休止して第二次αに移行、とにかくゼンガー編を攻略し(参式斬艦刀好きなもので)、第三次αをゴードン編で進行(αをリアルタイムに遊んでたら、ディス・アストラナガンがやっぱり気になる)、終盤戦ぐらいまで来たぐらいになって、また思い出したかのようにImpact再開、三部隊分岐ルートの内の月ルート、火星ルートと攻略して現在地球ルートを進行中、改めてプレイしてみると、さすがにここまで進んでいたらユニットも相当強化してきているし以前に感じた難しい印象というよりも攻略しがいのある感じですわ。第二次α、第三次αなんかをやっていると単なる総力戦の印象が強いのでね(熟練度獲得条件の多くがターン制限、部隊編成のシステムあたりのせいか)。まぁどの作品でも基本的に熱い演出を楽しめれば良いという感じもありまして、そういう燃えるツボはバッチリなんですわ。しっかし、なぜか近年は萌え要素や無意味に乳揺れカットイン、イメージキャラに中川翔子を起用と秋葉系迎合的な演出が多くて、この辺りはホント勘弁して欲しいわ。

ちなみに、ホントはやりたくて仕方ないんですが、このようにまだまだ各ソフトをやりこめていない状況なのでOGsはまだ購入してません(TT)どんなもんか気になった方は公式サイトのデモムービーでもご覧下さい。お気に入りは「スーパーロボット大戦OG PV第3弾」ですわ。原作アニメ系だと第三次αのデモになるかなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。