日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東京大井町、地酒屋のぼる
2013年01月28日 (月) | 編集 |
2013年1月25日

この日は翌日土日の用務のため東京出張、晩に東京入りして前泊の形になる。用務地の位置関係から大井町に宿を定めていて、夕食とらぬままにおおよそチェックインしたのが21時半頃、時間的にも遠出している余裕もないので、○べログで近所の居酒屋を検索して、目についたのが「地酒屋のぼる」というお店、ホテルからも徒歩五分圏内の位置にあった。

どうも今年になってからオープンしたばかりとのこと、金曜の夜で最初は結構人の入りも少なかったんだが、すぐに客の入店が続く。むしろオープンしてからまもなくで顧客が定着してはるという印象、食○ログだと接客に苦言を付けたレヴューも見受けられたが、その点も逆の印象である。他客は複数人ばかりであったが一人でも居心地も良い。

提供内容について、ビールは生(黒ラベル)と千葉の地ビールのハーベストムーンが各種あり、最初の一杯目にペールエールを頂いた。酒類は清酒がメイン、焼酎も数は少ないものの芋なら松露とか泡盛なら宮乃鶴とか、ツボの押さえたラインナップ。当然ビールの後は清酒とするんだが、清酒の料金は銘柄スペックの別なくグラス(五勺程度?)、一合徳利、二合徳利別ですべて均一価格にて、一般的な居酒屋と比べれば破格、直接間接の会話からも複数の蔵元と直接交流されている様子にて、店内の冷蔵庫の中身にも目移りしてしまう。

noboru01.jpg

本日のメニューとしてあった会津の馬刺に惹かれ、それと共に福島の花泉酒造「七ロ万」、酒も旨いが馬刺も旨し。特に馬の生レバーは初めてだったが牛のそれよりくどさがなくて抜群に旨い。話によると取り合いになるので非常に入手が難しいとのことで、なかなか運の良いタイミングだったのかもしれない。

noboru02.jpg

続いて飲んだのはこちらで定番銘柄の1つの広島の盛川酒造「白鴻」、関西に居ててもあまり馴染みがない銘(杉本さんとこが扱ってるのでかろうじて知っていたし試飲もしたことはあるが、それ以外で見かけたことがなかった)を東京にて定番としているのは渋すぎる。改めてじっくり飲んでみたら確かにじわじわ旨いわ。八反と山田を使った特別純米の火入れと生一年熟成をそれぞれ頂く。

noboru03.jpg

最後には「おりがらみ」の文字に惹かれて富山の富美菊酒造「羽根屋」の特別仕様。ガスが絡んで濃醇爽快。これで〆とする。

注文した範囲では料理も好印象、完全禁煙であるのも非常にポイントが高い。また再訪したく思える。
(写真はiPhoneにて、転送時に中サイズまで落としているのであしからず)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。