日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 年越しに向けて
2012年12月31日 (月) | 編集 |
2012年12月30日

ひとまず本年の仕事納めは昨日29日とした。エクセルへのデータ入力および整理に集中していたので、終いには目の焦点が合わなくなってきていた。なんだかんだで下宿に帰ったのは22時半は過ぎていたし、結局は自分へのご褒美としての本年の一人外飲み忘年会は持つことができなかった。とはいえ、その前日、前々日が友人とのサシでの忘年会的外飲みだったのでそこで一定満足していたということはある。ともかく、昨日は下宿での本年最後の自炊晩酌とした。時間が遅かったのでゆっくり記事を書く余裕はなくなったのだが、先だって開栓していた灘の安福又四郎商店「大黒正宗 蔵囲い熟成酒 鶴」を燗にして頂いていた。スタンダード商品の「大黒正宗 原酒」の長期熟成版にあたるが、それとの価格差はわずかなもの、にも関わらずそれとは熟成年数が格段に異なる(一応、公表はされていないようなので、嬉々として書くような無粋な真似は避けておく)とのことなのは驚きなのである。長期熟成にありがちな紹興酒に近い古酒っぽさは全然感じられなく、純粋に酒質が円やかなったという様相なのである。こういう、一週間には満たないとはいっても下宿に居る本年最後という区切りの機会に飲むにはふさわしいものかと。また1月3日にはひとまず京都に戻るつもりである。

本日は下宿の方の整理をした後、大阪の方に戻って(いままで未経験の、年末年始の帰省だ)ごちゃごちゃと溜まったあれこれ。その一つにノートPCのネット接続に使っていたdocomoのデータ通信の解約があった(以前に記したとおり、下宿のネット回線としてwimaxとの契約に切り替えたので)。解約するにショップに直接赴かないといけなく、本来は今月の早めに行きたかったものなんだが、その気分的余裕がなくてこんな差し迫った機会となってしまった。解約なのに対応が迅速丁寧で、こっちが申し訳なく思えてしまうぐらい。Xiの条件・料金体系(現状では特に通信容量制約がネック)の動向次第では再考したく思う。

本日は家族との普通の晩酌、豚しゃぶの鍋に泡盛「宮之鶴」のロックを飲む。明日大晦日はお節への追加的な献立の食材やら酒(自宅にはまだ本年度の新酒がない、オーソドックスなビールのストックもない)やらの買い物、新年に合わせて靴も新調したいし、屠蘇散もまだ買ってないわ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。