日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 10月4日に、大黒正宗原酒 16BY
2007年10月05日 (金) | 編集 |
2007年10月4日

本日は、というか、本日も、というべきか、単純に晩は飲み食い無しで遅い。10月4日に限ってここ数年は全然関係の無い会合やらが入って気が滅入る。

21時半ごろに帰宅して、先に汗を流してからの晩酌、10月4日ということで兄貴が気を利かせて青島ビールとヒューガルデンホワイトを買ってきてくれていたのでありがたく頂く。久々に呑んだヒューガルデンホワイトはバニラ様の香りとキリッとした苦味の同居がとても良い。

イメージ 1

食事に合わせては「大黒正宗 原酒」、それもつい最近に蔵出しが始まったばかりの16BYである。10月4日であるがハレの酒では無い、だが好きな酒なので全く問題ない。これは新規蔵出しの新しい年度のもの、といっても16BYであってすでに二年半寝かされていることを考えると全く持って新酒とは言えない。熟成酒、ものによっては古酒という範疇の風味になっていてもおかしくない。しかし、しかしである。「大黒正宗 原酒」としては新酒といっていいほど若々しい。あえて言わせてもらうと、まだまだ味が乗っていなくて味気ないのである。まぁこれは味の乗った大黒正宗に馴染みがあるからこそ、今呑む14BYなんてノリノリだったりするのだ。いわゆる「辛口が好き」な方には受けが良いかもしれない。

イメージ 2

主菜は太刀魚の焼き魚等、白御飯の代わりに赤飯だったりするのは私の誕生日であるのでね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。