日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 会津娘 純米無濾過 つるし 五百万石
2012年08月23日 (木) | 編集 |
2012年8月23日

今日の夕食時にたまたまNHK教育テレビの「きょうの料理」を見ていたんだが、通常は料理の作り方をスタジオで事細かに実演解説に終始するところ、特集的に日本料理の野崎洋光氏の幼少時の思い出の料理をメインに、お店でのまかないや帰省時の収録での構成、実家が農家とのことで子供の時に収穫物から作ったというトマトご飯、トマトと生姜と塩を和えてご飯に乗せるというシンプルな料理であるが、それだけに素材の出来や風味が直結し、作物そのものをダイレクトに連想しうるものであろう。そこで思ったのは、どうしても普段の食事では加工品が多くてそういう天地の恵みとも言うべき食物の本来の姿がイメージを持てないで、粗末に扱ってしまうことがあることを痛感してしまったということ、重々承知しているつもりでも思い込みや機嫌で飛んでしまうことがある。そんなことを再認識し、自分の中でとりわけ大切にしている食することの喜びを噛み締めた晩酌ともなった。

0823会津娘つるし

献立は野菜サラダにマカロニサラダ、切り干し大根の煮物にインゲンの胡麻和え、豚肉の生姜焼きなど、飲むのは福島の「会津娘 純米無濾過 つるし 五百万石」、会津娘といえば土産土法を標榜し、米作りより取り組んでいる代表的な蔵元の一つ、その会津娘でもこの時期に出荷される、純米酒で吊し取り(斗瓶取り)を行うというおおよそ「あり得ない」手間のかかった逸品であり、毎年ほぼ欠かさずに飲んでいる。爽快で、香りほどよく、滋味深い、そんな五七五調な夏に飲むのに理想的なイメージに当てはまり、度数が低いわけでもないのに盃を重ねてしまうのである。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。