日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ついに訪問できた「食堂おがわ」
2012年08月08日 (水) | 編集 |
2012年8月6日

さて、訪問が叶ったということで詳細を記そう。人気が高いと全然予約がとれないお店というものがあって、京都の和食であれば祇園さヽ木が有名である。近年ではすっかり人気店となって全然予約がとれなくなっているお店としておおよそ認識されているであろう「食堂おがわ」というお店に訪問、食事を楽しんだという次第である。祇園さヽ木での修行経験を持つ方が独立して開業されたお店であり、かつて祇園さヽ木に訪問できたのも当時まだおられたご主人による友人への取りなしのおかげだったりする。

料理は、いずれも実に美味し。見た目の盛りつけの美麗さよりも実質の味重視という印象である。飲むは最初にビール、瓶はハートランドとアサヒと記してあり、生の銘柄を確認したらアサヒだというので、当然ながら瓶でハートランドを選択する。その後は日本酒に切り替えておまかせ(こちらはどんな感じが良いのかを確認してお店が選んで提供するスタイル、つまりおかわりでないと基本銘柄指定はできなさそう)で、軽めからだんだん濃いめという流れで、東北泉の雄町純米、萩の鶴、春鹿と頂いた。

食堂おがわ01
食堂おがわ02
食堂おがわ03
食堂おがわ04
食堂おがわ05


刺身は鱧(軽く炙り)、グジ、蛸の盛り合わせ、鱧のほんのり熱が入って風味良し、写真は抜けているが鮎の唐揚げは香り・苦味が泣けるほど良い。グジはねっとり旨味が乗っており、蛸は弾力すこぶる良し。唐揚げにもグジ、鱗もパリパリで思わずむしゃぶりつく。オイルサーディンは山椒風味で面白く、アワビの柔らか煮はもはや語る必要もなかろう。〆には鱧まぶし、土鍋の炊きたて御飯に鱧の照り焼きを乗っけて食す。上質な料理を堪能し、かつ満腹なり。

これで飲んだ酒の分はコチラ持ちで料理代は割り勘にして約一万円ほど、一般的な居酒屋に比べれば格段に高いが、高級料亭に比べれば遙かに安い。この値段でこの内容の料理が食べれるのなら、確かに繁盛するでよ。時折、訪れたいと思うが次に機会を得れるのはいつになるか。。。

店に訪れての印象だが、他にいてはったお客さん、飛び込みで入ろうとしたお客さんで初訪問客はいない感じ(あえて言えば自分ぐらい)で、既存の固定客だけで完全にオーバーフロー状態なのだろうと思う。食べログでも全国トップ100以上になっていたり関西系グルメ雑誌にも取り上げられていたりでいっぺん行ってみたいと思う人は多いんだと思うが、こういう受給ギャップってもどかしいものである。逆に言えば、質実剛健で虚飾なしな提供内容で、納得できる費用対効果が得られる店が少数派というのが飲食業界の現実か。居酒屋チェーンの大手といえばブラック企業の代名詞みたくなっているし、文字通り「悪貨が良貨を駆逐」している状況なので、綺羅星なお店の希少価値は高まってしまうわけだよな。ここまで高名となっているお店だと訪問自体が難しくなるし、ネットの口コミ的な情報ではステマも混じって信頼性が乏しくなるし、結局良店を求めるなら足で探すしかないか。

(2012年11月9日改訂)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。