日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 飲みきらなければならぬ、というタイミングも
2012年08月05日 (日) | 編集 |
2012年8月5日

自宅で寝るときは基本冷房なし、という生活を何年も続けている。冷房をかけていても別の意味での身体に無理がかかると言う向きもあるが、冷房なしというのも相当負荷が掛かるもので、熱気の中でひたすら寝続けるというのは脱水症状との紙一重、なかなかに調子は停滞気味。

0805飲みきりタイミング

今日は酒を一升瓶で購入して帰ったこともあって、いよいよ冷蔵庫がオーバーフロー、何度も飲んでるはずだがまだ一合強の残りだった相模灘の若水の特別純米無濾過生原酒、そして頂き物でなかなか飲む機会をもってなかった奥丹波の純米大吟醸、この両者を飲みきる格好になる。勢いの伴うタイミングということでもある。回によって量は飲まずの経緯であるが、それは体調を考慮してのこと、良い酒であるのは間違いなく。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。