日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ベアレンのライ最後の一本を飲む
2012年06月30日 (土) | 編集 |
2012年6月29日

6月末には色々と締め切りが重なってきていたもので、気分的に圧がかかっていた。本日の段階で目途はついたのでまぁいいかということで帰宅しようと出たのが21時頃なんだが、自転車通勤にて京都における職場から利用している駅までの所用は15分ほど、駅の駐輪場まで着いて、さて駐輪定期券をだそうかと思ったら定期入れがポケットに入ってない。服装が夏仕様になるとパンツの後ポケットに入れることにしているが、入れっぱなしだと蒸れて定期入れが痛むので出して置いておくことにしている。てことは職場の机の上に置き忘れたことになる。また戻るのは億劫だし阪急の乗車に用いるピタパは誤作動防止で別にしていたし、このまま一時利用で済ますかと頭をよぎったが、いやまてよ、次に京都に出るのは月曜日になるので、駐輪題だけで一日150円×四日間で600円、さらにJRのICOCA定期もそれに入っているのでこの土日の動きを想定すると下手すれば2000円以上の無駄な出費になりそうだということでまた職場に引き返しましたよ、ええ。結果として余分な一往復の約30分、運動ということでは有意義ではあるのだが、この遅めの時間の帰宅で30分のロスはやや痛い。

0630ベアレンライ飲みきり

そんなことで汗も普段以上にかくことになったのでビールを欲する。キープしてしまっていたベアレンの季節モノのライ、これで飲みきる事になる。濁りの伴う旨味しっかりなのだが重たいということはない実に美味いビール。

主菜は竹輪とキャベツの芯等の炒め物、シーチキンオニオンサラダ、茹でブロッコリーなど、家族はすでに食べ終わっていたので見栄えは良くなくて写真は撮らず。そして食事と共に天野酒の7号を飲みきる。本日の印象ではナッツ系のクリーミーさでほどよい飲み応え。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。