日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 アンカー・ブレックルズブラウン、天野酒 純米無濾過生原酒 23BY 7号酵母
2012年06月29日 (金) | 編集 |
2012年6月28日

0628アンカーブラウン

なにはともあれ本日の晩酌、遅めのスタートだが当然の如くビールから、成城石井であまり馴染みのないモノが気になって購入したその一、アメリカのカリフォルニアの地ビール、アンカーのブレックルズブラウンである。アンカーはスチーム、ペールエール、ポーターが定番であるが、これは裏ラベルによると創立140周年を記念して、記録に残っているレシピを元にして造られたブラウンエールとのこと、ブラウンエールと言えばイギリスのニューキャッスルの名産であるが、そのイメージに近い。カラメル麦芽などを用いて濃色系であるがそれほど重厚でもなく軽く飲める感じ。そして、シトラというアメリカ産ホップを用いてシトラス系の香りとの事が裏ラベルに記載されているが、飲んでいるとそれに納得する。アメリカンペールエールに用いられるカスケードホップもそうだが、アメリカ産ホップは柑橘系の華やかさが出やすいのかなと思えてしまう。

0628天野酒山本スペシャル7号酵母

そして日本酒、この前の日曜日に開栓した「天野酒 純米無濾過生原酒 23BY 7号酵母」を持ってくる。四日を経ているのでちょうど味は乗ってきたところかと、フルボディな感じ、でも嫌みさはない。献立としてはイカと豆腐と大根の焚き物、おひたしやサラダ類。我が家はかなりの薄味に仕上げるが、このイカと豆腐の組み合わせの焚き物はゆるゆると酒を飲むのにとても好物。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。