日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 日本酒コラム、語るに質するか否か。
2012年06月25日 (月) | 編集 |
あまりに非道い(皮相浅薄で稚拙というべきか)日本酒コラムのブログを見つけてしまい、たまりかねてそれの批判記事を記していたのだが、該当のブログでは本人の個人情報がおおっぴらになっており、まがりなりにも研究者の立場にあるにも関わらずあからさまな盗用・剽窃行為をしているだけに、場合によっては騒動になりかねんなぁと公開するかどうかもどかしい。そいつの指導教官に直接メールすべきことかもしれんが、ともかくこのような些細なことで面倒事に巻き込まれて取り組むべき大事に支障を来すようなことはごめん被りたい。まぁ内容がスカスカなのだが、プロフィールだけやたらと箔を付けて大言壮語してて、これから日本酒啓蒙家として売り込んでいこう臭プンプンなのである。こんなのに引っかかる人がでないことを祈っておく。

と、ここまで書いてやっぱり注意を促すために、直接そのブログに触れない範囲でまとめていたことを記しておくか。私は職業柄、何かを語ること、論じること、特にそれを文章にて表現するという行為について非常に厳しく取り扱う。それが他愛ない日記ならば特に目くじらは立てんし、味の表現のように厳密には解のない千差万別な個人的感想に依拠するようなことであれば自由の範囲内である(一応言っとくが、自由と自分勝手は違うよ)。実際に自分だって日記的に書く分にはそこまで気を張らん。しかし、それが蘊蓄やら知識を披露するものであれば話は別、可能な限り確実性の伴う資料に依拠し、先行業績も調べた上でようやく語りうるものである。それが若気の至り程度のもので、趣味のブログ上の話ならば許容範囲内であるが、日本酒に関する講習や指導を行うプロフェッショナルであると振る舞っているのならば看過できない。(一応、私はコラム的な話を書く際には情報のサーベイや引用のルール等には注意を払い、本気モードで辛辣に取り組みますが、あくまで一人の飲み手としての趣味の延長線上であり、本気で酒造りやPRに取り組んでられる本当のプロを差し置いて人様の前で語るべき立場ではない)

とまぁ、最初に堅い話から入ったが、ブログの普及以降特に顕著なんだが、何を勘違いしたのかHPやらブログを開設したら評論家気取りで情報公害に該当するような記事を垂れ流すという事例が散見されるわけで、日本酒の場合だと誰も頼んでないのに「日本酒の素晴らしさをもっと知ってもらいたい」と啓蒙活動を始めてしまうが、その手の日本酒蘊蓄記事や解説記事というものは私見として、にわか仕込みでソースもいい加減、思い込みで筆を滑らせているような、粗製濫造品と言わざるを得ないものが大半である。それを問題視する理由は、そういった不正確な情報が流布されて、歪で偏った認識が定着してしまうリスクがあり、またそのような偏った認識を持ったものが専門家やオーソリティーを気取って権威をもってしまうというリスクもある。そうなるのは社会にとって不幸であり損失である。一見、「衰退の一途をたどる日本酒を再興したい」みたいな理想的な文言を標榜していても、全くの善人であるとは限らない(騙して儲けてやろうという意識の有無に関わらず)。インターセラーズの事例のように、酒蔵再建事業だとしてTV番組にも美談として取り上げられたにも関わらず、契約した酒蔵と騒動を引き起こして醜態を晒し、すでに消滅しているということもある。

日本酒の話題として、特に多いのは特定名称酒の解説である。以前にハッキリ釘を刺しておいたが、特定名称酒というのは国税庁の告示で定められる「清酒の製法品質表示基準」によって明確に規定されており、これに依拠することが絶対に必要である。それに準拠しないものは一切傾聴の価値はない。ていうかね、知らんのなら無理に書くなって、国税庁による解説ページのリンクを貼るだけで事足りるんだわ。間違っても「わかりやすくするために小難しいことは省略しました♪」ってな言い訳は止めてな。友達同士の会話とかで口頭で教えてあげているのではなく、公然と情報発信している文章なんだから可能な限り情報を正確に伝えるのは責務でしょう。特定名称酒の基準を批判する場合でも、まずは現行の規定を正確に捉えねばならん。

おおよそこれまでに評価すべき業績を持たない個人のHPやブログやら、日本酒啓蒙のプロを自称しているような方の日本酒の蘊蓄を語るコラムを見かけたら、まずは特定名称酒あたりの解説において国税庁の「清酒の製法品質表示基準」に準拠しているかどうかを批判的にチェックして頂きたい。そのチェックに耐えうるものでなければ解説や議論を行うに足る知識や経験を伴っていない、語るに質する土俵に立てる段階ではないチラシの裏レベルとして無視すべきである。まぁ出版物でも趣味が高じて門外漢が思い込みで書いた様ないい加減な日本酒本も散見されるし、それが初学者向けに流布してしまっているし、粗製濫造の連鎖ですなぁ、はー。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こねくろさん、お久しぶりです。

「あまりにひどい」とおっしゃるので、どんなものなのか気になり探してみたところ、たぶんこれなのではないかと思ったものがあり、最初に見た「原酒」の解説ですでに「何だかな~」って感じですね。
国税庁の基準をあいまいに覚えていたとしても、実際に日本酒が好きで色々飲んでいれば、少なくとも「アルコール濃度が20%前後」とは書けないのではないかと。
経験に裏打ちされたものが無く薄っぺらいですね。

それに「これから一儲けしてやろう感」がプンプンしていて、なんか嫌ですね。
もうこれ以上日本酒業界には寄生虫は必要ないですよ。
2012/07/01(日) 07:23:26 | URL | 酒ばか1号 #4vlN.j5I[ 編集]
>酒ばか1号さん

どうもお久しぶりです。

おそらくドンピシャでしょうね。一番手前の蘊蓄に「原酒」の話題がありますしね、それにしても原酒が実は加水できることすら分かってないご様子、もうダメダメですね。私見としては浅はかでつたない経験で全てをわかったと勘違いしてしまっている、というところでしょうか。にわかとしか言いようがない。今後ますますPR活動をするのならば放置しませんぜ、ところです。ところで「原料米(山田錦)」の項は見られました?
2012/07/02(月) 01:28:54 | URL | こねくろ #-[ 編集]
「原料米(山田錦)」の項も見ました。

自分のようなただの酒呑みには内容が正しいのか判断できませんが、特性については酒造好適米全般に言える内容で、特性と言うからには山田錦が他の酒造好適米や一般米と比べてどう違うのかが分からなので、なぜ一番評価が高いのかも分からない状態ですし。
少なくとも「線状心白」と「高度精白」と「酒質」が無いと、自分のような素人には「山田錦」の特性が伝わらないです(笑)。

他の部分でも誤字と思われる箇所や、データが古かったり、表現も適切と言えるのか疑問に感じる部分もあり何とも言えないですね。
2012/07/04(水) 07:04:14 | URL | 酒ばか1号 #2PUI3szM[ 編集]
>酒ばか1号さん

どうもこんにちは。やや遠回しにしか言っていなくて悩ませてしまい申し訳ないです。内容よりももっと根本的な問題です。

データが平成4年と中途半端に古い(しかもhaの数値表現がおかしい、桁区切りと小数点の違いもわからない?)という点から疑えることですが、自分で書いてねぇなと。そして適当な文を検索かけてみたらSSI(あえて略称)のサイトが出て(ノ∀`)アチャーですわ。
2012/07/04(水) 12:48:57 | URL | こねくろ #-[ 編集]
>こねくろさん

解説ありがとうございます。
自分もなぜ平成4年?探せばもっと新しいデータがありそうなのに(つか、プロなら簡単に入手できるはず?)、何でわざわざ20年も前のを?とは思っていましたが、「SSI」からパクッていたんですか。
ちなみに、イネ品種データベースでは平成17年のデータが最新みたいでしたが、全国で4,781ha、うち1位兵庫県3,773ha、2位福岡県226ha、3位徳島県162ha、4位岡山県153ha、5位山口県73ha となりました。
しかし徳島県が3位に入っていたとは。35歳以上の人生の機微がわかる人が飲むお酒を造っている酒蔵さん関係の影響があるんですかね~。
2012/07/04(水) 22:29:55 | URL | 酒ばか1号 #2PUI3szM[ 編集]
>酒ばか1号さん

ご理解頂けた様でなによりです。
徳島の躍進は、あの派閥が押している側面はあるとは思いますが専買というわけではないでしょうし、JA阿波が山田錦の生産に注力しているという様子ですし、良いことであろうかなぁと。
2012/07/04(水) 23:41:10 | URL | こねくろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。