日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 コエドビール瑠璃に、牧場の櫻こなほまれ36度
2012年06月08日 (金) | 編集 |
2012年6月8日

昨日7日のこと、この二週間ほど5時半起きして走りに行くことにしていたのだが、とうとう寝坊してしまった。その前の晩にワインを開けて1時過ぎまで飲みながらブログ更新したりしてたので無理もないか。そんで、晩も前日の残ったワインを飲みきった形だったので記事にはせず。

本日はちゃんと復調しましたよ、ええ。ちょうど近畿も梅雨入りとの話で午後から雨になる。なので帰りは京都での通勤自転車には乗れず。しかし混雑するバスに乗るぐらいなら歩いた方が効用が高いという性分、駅まで40分ほどのウォーキングと相成る。

そんな感じで、雨のじめじめも重なって汗はかきっぱなし。ビールが美味くなる流れ、メジャーな地ビールのコエドビール瑠璃を飲む。これ、個人的にはピルスナーウルケルと並んで、個人的にピルスナーといえば思い浮かぶもう一つの銘である。そのイメージは、ホップの香りが鮮烈、苦味は強くコクはあるが後味爽快、ピルスナータイプは薄くて没個性な系統に偏りがちで数多いなれど、本来は一種のとんがった個性のあるものと思う。

0608コエドビール瑠璃
0608牧場の櫻原酒


主菜にはさらしクジラやサラダなど、それと共に宮崎の生駒高原酒造の芋焼酎「牧場の櫻 こなほまれ36度」、牧場の櫻の原酒と言った方が通じやすいか。これ、すこぶる美味いと一言で済ましたいぐらいにおおよその芋焼酎に求める風味がぐっと凝縮された一本、常時販売されているわけではない限定出荷なこともあって、どうしてももったいなく大切に飲んでしまう。

そういえば休肝日なしで一週間をとっくに過ぎてるなぁ、まぁ飲み過ぎな日もないしそんな気分にもならんのでね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。