日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 トンカツにカレーを仕込んで
2012年06月03日 (日) | 編集 |
2012年6月3日

本日の晩はトンカツにするという話だったので、なにげに「カツカレー」と口走ったらカレーを作ることに。日曜だしそこそこの時間はとれるし、家族に任せても具材切って煮込むだけなものになるので久々に自分で仕込むことにする。

この頃方々で話題にしていたので改めて記しておくと、時間と手間がかけれれば行うカレーの仕込みのポイントは、ベースは鶏ガラ、タマネギは色付くまで炒める(いわゆる飴色)、ニンニク・生姜を固まりのまま(生姜はニンニク一かけ大に合わせる)焼き色つくまで炒めてミキサーにかける、香辛料は非粉末で手に入る主立ったものについてフライパンで煎ってすり鉢にかけて粉末にし(いわゆるガラムマサラ)一方で生状態のものもお茶用の紙パック等に入れて鍋に投入、牛肉を入れる場合は表面を炒めた上で赤ワインをひたひたに入れて煮詰めてから鍋に、等々。特に難しいことはないがとかく時間と手間がかかることばかりなり

今回の場合は概ね実行したのだが、買い物を手っ取り早く手近なスーパーで済ました関係で鶏ガラが一羽分しか手に入らなかった(少なくとも2~3羽は欲しい)のが決定的で、昼の二時間程度の時間で一気に仕込んだので、その関係でタマネギの炒め時間は圧縮して省略した。肉類は安くて煮込むのにもちょうど良いということで牛すじ、一度ゆでこぼしてから炒めて赤ワインで仕上げる。ベースの味が弱いので市販のカレールー(個人的には市販のカレールーは肯定的)をその分補助的にそこそこ入れる。それでも製品レシピの鍋に対する分量に比べれば遙かに少ない(色々と入れてるから当然なんだが)。といった心残りの点はあるが、ニンニク・生姜やガラムマサラを仕込めたのは大きい。風味が格段に良くなる。

カツにカレー

ということで晩はカツもありつつのカレー、とりあえず肉を仕込む際に用いた、家に転がっていた国産赤ワイン(裏ラベルによると「やや甘口」)を飲んだりする。甘いので炭酸水で割ってみたがそれでも甘かった。で、やっぱりカレー(特に日本風)に相性の良いのは酒よりも御飯だ。御飯と合わせて完成するといってよかろう。細工は流々、そこそこ良い出来。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。