日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)
2011年12月28日 (水) | 編集 |
2011年12月27日

いよいよ年の瀬、周りも公務上の休暇に入り、こちらもひとまず年末年始休みに突入しつつある。この頃になると、暖冬気味であっても冷え込みが厳しくなり、大阪・京都でも実に寒い。

同時に、いわずもがな新酒の時候、本日は友人よりもらった活性にごり酒「奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)」、醪の字を当てているのはストレートな表現、公式サイトによると桶底に溜まったもろみ部分のみを詰めたとある。醪は概して「もろみ」と呼ぶ場合が多い(ATOKなんかでも変換できる)し、それが一般的であると思っていたが、手元の電子辞書の漢和辞典を見ると音は「ろう」のみであった。

奥丹波 にごりざけ 醪(ろう)

噴き出すかもしれないので、底に滓を溜めたままで恐る恐る開栓するものの、全然反応なくて拍子抜け、一応、微炭酸程度にガスを含んでいる状態だった。やや麹の風味が重いかという印象ではあるが、ガスを含む新酒は概ね美味しく頂ける。

さて、28日は日中にプレミアムポイント調整のためにちょいと羽田空港へ(苦)、晩は大阪にてクラシックコンサートの予定。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。