日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 KIWI CUVEE pinot noir 2009
2011年12月09日 (金) | 編集 |
2011年12月8日

KIWI_CUVEE_pinot_noir_2009.jpg

赤ワインを飲んでいる記事が続く。いやはや、記事にしていない日には清酒の方をよっぽど飲んでんだが、この頃は赤ワインの方がテンションが上がる。つぶやいてはいたが、赤ワインをがぶ飲みした翌日にやたら顔のお肌がスベスベ・ツヤツヤになったことがあったので、「赤ワインは身体に良い」という俗説に荷担したくなった次第。以前から赤ワインは性に合ってるとは感じていて、白よりも選択する割合が高かったが、それに拍車がかかっている。この頃は産地を問わずブルゴーニュ的なものを買いがちで、系統的には先日飲んでたJACOB'S CREEKと縁のある醸造家がフランスで作っているという話のKIWI CUVEEのpinot noir 2009、上代千円台で舶来物のワインが十分楽しめる時代というのは喜ばしいことかと。

ところで、10月にあった健康診断の結果が届いた。実は血液検査を含む健康診断を受けたのは今回が初めてで、お酒を嗜む者としては最も気になる肝臓関連の検査、特にγ-GTPの値は怖かったのだが、数値自体は全くの正常(念のため、特に制限もされてなかったのでその前日もほどほどに晩酌していた)、むしろ相当低かった。ちょっと低血糖だった以外は全て正常範囲内。我ながら丈夫な肝臓ですわ(しょっちゅう二日酔いしてるんだが)。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。