日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 JACOB'S CREEK pinot noir 2010
2011年12月04日 (日) | 編集 |
2011年12月3日

昨日は晩の飛び込みで映画館に『スクライドオルタレイション TAO』を観に行ったが、いやはや基本テレビ放送版の前編(1~13話)の編集を基本に、一部新規追加シーン(といっても極少ない)があるというもの、全然知らない人にとっては流れが掴みきれない感もあろうし、すでに全話視聴しているものにとっても目新しい部分が限られる。それでも、映画館の大音響の良さというのもあるが、全般的に各シーンのBGM、さらにクライマックスの盛り上がり場面も大きく変更していてしっかり盛り上げてくれてる(正直13話を視聴した際にはカズマが第二形態を発動してすぐ向こう側の扉が開いてあまりカタルシスはなかったが、グッと良くなった感じ)。それでエンディングに本編のOPのReckless fireの2011年バージョンがスタッフロールと共に流れる。観客は少なかった(スクライド好きばかりなのは確かだろう)が、誰一人としてスタッフロールが全て終わるまで立たなかったのは映画館に来たことのある経験の中で初めてだ。また追加シーンもクリエイターつながりでの『無限のリヴァイアス』からのセルフパロディ(ネーヤやこずえがホーリー隊員になってる、他にもいたかも知れんが確認できなかった)なんて、あれはファンサービスですなぁ。

JACOBS CREEK pinot noir 2010

昨日はこの間の海外出張の疲れが一気に出た感じにて、休肝にして早めにバタンキュー。本日も朝はゆっくり寝てしまった。そして今日、むしゃくしゃしてしまっていた時にはワインを開けたくなると言うことでオーストラリアの赤ワイン「JACOB'S CREEK pinot noir 2010」、ブルゴーニュ的なボトルにて、風味のイメージはその系なれど、日本で1k円強で売られているワインとして納得の内容、個人的には良い印象の意味にて。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。