日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東北、東京、そして帰阪して
2011年10月28日 (金) | 編集 |
2011年10月27日

22日から25日は東北に出張していたが、特に晩については消費に勤しむ(要するに飲食)。

25日の日中には東北の行程を終えて、新幹線にて東京に向かう。翌26日は東京で用務の予定にて、夕方には銀座の定宿に入る。この晩はT.J氏とも会う約束にて、先に一人でポール(旧ポンデュガールEX)に入り、程なくしてT.J氏合流。ビール小の後、白二杯に赤二杯とワインがぶ飲み、こちらの賑わいの空気感やメニュー内容はとても好き、ただ難点は奥のカウンター席だとsoftbankの電波が入らないことか。

1025ポール
1025酒仙堂

その後はこちらもおなじみ酒仙堂へ、今回はマティーニやマルガリータとショートカクテルの定番を頂き、最後はバスペールエールで〆。飲み自体は実に心地よく、歓談を楽しんだ、のだが。

25日の晩の間に業務上の急転があり、翌26日は当初の予定を中止して早朝に新幹線に乗り込み、一路京都へと戻り業務に追われる。夜は遅めの帰り、連日の飲み疲れもあって休肝とする。

奥丹波純米吟醸

そして27日、晩酌だけは確実に。出張中の盛岡では飲めなかったんだが、ベアレンのセゾンを飲んだ後、兵庫県丹波市の山名酒造(主銘柄は「奥丹波」)の「○△□ 純米吟醸」、ラベルに銘が書いていないから公式HPを調べてみたら、マークがそのまま銘なのね。そちらの方に居る友人より頂いたものにてありがたく。ブルーのボトルで涼しげな見た目だが、飲んだ印象は灘酒のようなどっしりとした印象。まぁタイミング的にも、新しくとも一夏は寝てるわけだし。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。