日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 キリン秋味、杉勇特別純米山卸生もと原酒
2011年08月30日 (火) | 編集 |
2011年8月30日

「せっかくだから、俺はこの赤のビールを選ぶぜ!!」

キリン秋味

ということで、夏の終わり、先取りの秋を告げるが如く発売される毎年恒例の季節ビールである「キリン秋味」、店頭に並んでいたら手が伸びる。

「熱処理ビールだぞ、気をつけろ!!」

ということで、少なくとも大手国産ビールでは希少な熱処理ビールでもある。現行の商品ではキリンのクラシックラガーか、サッポロラガー(通称赤星)ぐらいしかないはず。少し前にはキリンが主力とすべく投入したゴールドとニッポンプレミアムがあったが、いずれも消滅の憂き目となった。だから熱処理ビールであることの魅力をウリにアピールすべきと言ったじゃん。「秋味」は定着してるからいいのかもしれないが、一切熱処理ビールであることを明言しないもんなぁ。ウチのブログへのアクセス解析すると先のリンクつけた記事の関係で「熱処理ビール」といったキーワードが定番であったりする。ちゃんと説明してよー、大企業なんだから。

0830杉勇

主菜はトンカツにて、焼酎でもよかったが気分が清酒にて、山形の「杉勇特別純米山卸生もと原酒」、生もとにこだわる点は魅力的、ぬる燗にしても良し。夏ゆえの燗酒、流行らんかね?

※台詞は言わずと知れた伝説のクソゲー、「デスクリムゾン」ネタ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。