日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 サッポロファイブスター、杉勇、三年越しのデュベル
2011年08月19日 (金) | 編集 |
2011年8月18日

お盆休みの気分が抜けきれないこの頃、本日も21時前には帰宅する(世間一般じゃ遅いって!)。腹筋中心に筋トレして風呂に入って汗を流す。

0818サッポロファイブスター

猛暑が続く中、ビールが実に好ましい。少し出遅れたが、コンビニ限定のサッポロファイブスターの500ml缶を帰りがけに購入してのっけに頂く。飲み比べてみないとハッキリ言えないが、この時期に最初の一杯としてゴキュゴキュ飲んで美味いビールである。食事一歩前に枝豆と共に。

0818杉勇

主菜に頂き物の三重県尾鷲の干し物の内のカマス、好ましい塩加減で実に美味し。合わせる酒として山形県の杉勇の生もと純米原酒(美山錦)、開栓して随分経つが良い具合にこなれている。冷やのままで、原酒とは感じさせない柔らかさでスルスル飲める。

0818デュベル

食後に、いい加減飲まねばなと思っていた、三年以上放置していたベルギービールのデュベルを開栓する。これ、2008年3月のヨーロッパ出張の際に購入していたものだが、なんとなくもったいなくてこれまで置きっぱなしにしていた。劣化してしまっているかなぁという不安はあったが、これがまた、オモシロイ具合に熟成されていた。特徴であるアルコール度の高さ(8.5%)はほとんど感じさせず、後口に栗を彷彿させる甘く香ばしい香味が漂う。純粋に美味い。こういうところがベルギービールの懐の深さですなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。