日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 琉球泡盛 春雨ブルー25度
2011年08月08日 (月) | 編集 |
2011年8月8日

一週間超の出張から帰った翌日、温泉有りの宿に泊まっていたりしても、やはり疲れが溜まっている感じ。本日は振り替え的(いつの分?)に休みとする。鍼灸(これは前から予約が入っていた)いったり、自転車で走りに行ったり。月曜日だと身近(大阪府内)の馴染みの酒屋さんがどちらも休みなので、そちらへの訪問には当てれなかったのが残念。

春雨ブルー

本日の晩の主菜にゴーヤチャンプル、となれば泡盛を持ってきたいのが自然な発想、先だっての沖縄出張の際に買い込んでいた泡盛の内、宮里酒造所の「春雨ブルー」25度(本来なら30度を選択するところだったのだが、購入時はそこに気が回っていなかった)、「春雨」は泡盛として誉れ高い銘であるが、その3年古酒(クースー)に当たる。ラベルの白抜きの部分が青みがかっており、3年というほどほどの熟成(定義上古酒を名乗れるライン)で、まだ気軽に買える価格でもある。

ストレートでも荒さは特に感じない。ロックで飲めば甘いバニラ様の香味が楽しめる。水割りではスルスル飲める。そういうバランスの良さが完成度の高さを体現しているかのようである。逆に優等生すぎて面白みがないという感想があるかもしれないが、状況や体調に関わらず安心して選択できるという点では高評価であることに変わりないだろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。