日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「奈良萬純米生酒おりがらみ」で日本酒ハイボール
2011年06月12日 (日) | 編集 |
2011年6月11日

開栓から一週間ほどの「奈良萬純米生酒おりがらみ」、当初の活性ぶりはとっくに落ち着いており、二次発酵の影響もあってか、そのままでは度数も強く感じて重たく感じてしまう部分もあった。決してこのままでも楽しめないわけではないが、より良い感じにならないものかと、そこで思い出したのが日本酒ハイボール、つまりは炭酸水で割るってことだが、元活性のにごり酒ならば特に相性が良いだろうと思えた。こんな日本酒の飲み方は邪道という見方もあるだろうが、そもそも活性酒が商品として成立し、流通しはじめたのもここ数十年というところだ。そんな新顔の酒に飲み方もへったくれもあるかというところである。そもそも、日本酒自体が近現代にすべからく進化しており、従来も新規も、飲み方にしろ飲み手にしろ融通無碍であることが基本線であると私は考える。

奈良萬純米生酒おりがらみで日本酒ハイボール

割る炭酸水は定番のウィルキンソン、国産品ならやっぱりこれですな。従来ならそれなりの店に行かなければ手に入らなかった(ほとんど業務用)が、ちょうど最近ではCM等による広報活動もあり、コンビニで販売されているので気軽に購入できる。手に入らなかったとしたら、我が家ではこの時期箱買いしているペリエを用いることになったろう。ともかく、印象としては大人のカルピス、1:1で割ってぐいぐい飲める。飲み過ぎ注意である。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
夢心の社長です。
初めまして、夢心酒造・奈良萬醸造元で社長をしております東海林と申します。
弊社製品をお買い上げありがとうございます。

奈良萬おりがらみを炭酸で割ってお飲みになってますが、炭酸よりもキリンレモンで1:1で割っていただいてレモンを添えていただくともっと飲みやすいカクテルになります。
弊社ではそれを「ナラパン」と呼んでます。シャンパン風奈良萬です。ぜひお試しください。

今後とも、弊社製品を御愛飲をよろしくお願いいたします。
2011/06/13(月) 09:09:10 | URL | Nobuo.Shoji #8gsBqL4Q[ 編集]
>Nobuo.Shojiさん

コメントありがとうございます。社長にお越し頂きましたが、なにかと好き勝手に述べておりまして恐縮でございます。

なるほど、「ナラパン」ですか! せっかくなので試したいと思います。
2011/06/14(火) 09:38:19 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。