日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 試飲会、のち、はしご酒
2007年11月06日 (火) | 編集 |
2007年11月3日

11月3日・4日は毎度お世話になっている茨木のかどや酒店さんにて試飲会イベントが開催されていた。ブログ仲間の和醸良酒さんのご希望もあり、両日の内のいずれかに一緒に訪れることを前々より約束していた。結果的には3日の夕方に訪問することになったわけだ。

イメージ 1

現地にて合流としており、私は16時半ぐらいにお店に到着したかな、試飲会はなかなかの盛況ぶりでしたなぁ。程なくして和醸さんも到着し、試飲しつつ会話もあり、わいわいと楽しんだ。試飲会の大半のお酒は確かに口にしたことはある(普段から試飲に対応されている)ものの、これだけを一度に味わえるとなると、会として催す意義もあるというもの。それに、試飲会用に#%県の*!酒造の□○△の×+(すいません、完全秘密と念を押されたので)が蔵元より届けられており、これには本当に唸った。

試飲会を後にして阪急茨木駅の方に移動し、和醸さんの行きつけのお店をハシゴすることになる。串カツや一品料理(生ホルモン等)がCP高く頂けるお店にて生ビールと共に軽く腹ごしらえする。

そして、「立ち呑みdar Nuff Nuff」に移動する。こちらは以前に和醸さんがブログ上でも紹介されていて(Yahooで検索かけると一番にその記事がヒットします)、飲み物は主にベルギー系で生ビール・瓶ビールが一種ずつある以外は本格焼酎のみという凝りようだ。高槻の酒屋「白菊屋」に関係しているといえば、わかる人にはわかるかも。こちらでもまず生ビール、「Barbar(バルバール)」ハチミツ入りのベルギービールであり度数も8度、とろりとした甘さ・濃厚さだが決してくどくない。ビールとして味わえるという印象、ただ、杯を重ねるとがつんと来てしまいそうだ。ちなみに、以前の生ビールは「ヒューガルデンホワイト」だったとの話だが、全国的な品薄の煽りをうけて現在品切れとのこと、噂によるとアメリカの企業が醸造元を買収して自国に集中投入、売り込み戦略を行ったために世界的に品薄になっているのだとか。。。

イメージ 2

ビールを飲み干した後には、その前に話題に上がっていた(私が呑みたいと思っていた念願の)「八幡ろかせず」があるのを見つけ、それを頂いた。夢にまで見ていた「八幡ろかせず」、35度なので当然濃厚である。とはいえアタックが強いのではなくしみじみと風味が染みていく印象で切れもとても良い。一部で猛烈に支持されているのもよくわかるなぁ、手にするのは夢の又夢か。。。その後は瓶ビールを二人でシェアし、お開きと相成る。試飲会でも知らず知らずに結構呑んでしまっていたもので、これぐらいで妥当かなと。素敵なお店ばかりにお連れ頂いてありがとうございます、和醸良酒さんm(_ _)m

追伸、この日、「Nuff Nuff」にてデジカメを置き忘れてしまいましてん。しかもそれに気付いたのは日曜日の夕方。。。(^^ゞ 日曜日はこちらは定休なので、5日月曜日にも帰りがけに再訪(阪急茨木駅は通り道なので)し、無事に回収致しました。回収出来てほっと一安心で、この日も生ビールの「Barbar」を一杯頂いて帰途に着きましてん。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。