日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 特別純米酒についての疑問
2007年11月11日 (日) | 編集 |
ちょうど今、家で晩酌で頂いている清酒の内のある一本、その清酒についての記事をupしようと思ったのだが、どうしてもよくわからずに気になることがあり、場合によっては野暮な話になりそうだったのでひとまずお蔵入りとした。

その疑問というのは「精米歩合70%で特別純米酒と名乗れるのかどうか?」という点だ。特別純米酒というと精米歩合60%以下が条件だと認識していたし、実際にこれまで出会ったことのあるものもそうだった。しかし、今手元にあるものは精米歩合70%で特別純米酒と記載し、特に説明等も付記されていない。

周知のとおり、特別純米酒や本醸造、大吟醸といった表記(特定名称酒)は国税庁告示による「清酒の製法品質表示基準」に基づいて認められている。そこでの特別純米酒の精米歩合に関する要件は「60%以下又は特別な製造方法(要説明表示)」とされている。また、通則では以下のように説明がされている。
「純米酒又は本醸造酒のうち、香味及び色沢が特に良好であり、かつ、その旨を使用原材料、製造方法その他の客観的事項をもって当該清酒の容器又は包装に説明表示するもの(精米歩合をもって説明表示する場合は、精米歩合が60%以下の場合に限る。)に「特別純米酒」又は「特別本醸造酒」の名称を用いること。」

どうも精米歩合で説明する場合には60%以下が条件となるが、それ以外の客観的事項をもって説明表示すれば認められるということになるみたいだ。では、その説明表示は何をもって認められるのか、ここでは精米歩合以外では明確にされていない。「山田錦100%」や「生もと造り」がその使用原材料、製造方法の説明表示に該当するのならば、その手元にある清酒の表示は問題ないということになるのかと思える。が、結局確証はもてず終いだ。

所詮、素人の耳学問ではこの程度のことしかわからない。記事に書く前に蔵元に聞いてみろよ、というツッコミはあるでしょうが、なんかクレーマーみたく捉えられるのも極力避けたいもので。。。実際の酒造・酒販業界に詳しい方に教えて頂けるとありがたい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。