日々の晩酌を中心に、時々我が家の虎猫兄弟なブログ。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 恒例の『dancyu』日本酒特集も目前なので
2011年01月12日 (水) | 編集 |
プレジデント社の雑誌『dancyu』、年一回のペースで日本酒特集が組まれるが、それは大概三月号(2月発売)となる。メイン記事は旬の銘柄の紹介であり、他にも色々と特集が組まれることになる。まぁ個人的には良くも悪くも日本酒のトレンド(=有力酒販店がどんなのを売ろうとしているのか、有識者とされる方がどの蔵に関心を持っているか)を知るバロメーターにはなるだろうというところである。ともかく、日本酒ファンを自認されている方、おおよそ酒ブログを展開されている方ならば十中八九チェックすることになるであろう。それ故にちょっと強調しておきたいことがある。

ふと『dancyu』の公式HP内の日本酒特設サイトを訪問してみた。そこで松崎晴雄氏監修のコラムが目に付いた。個人的にはというか、私ごときが言うのもおこがましいが、いわゆる昨今の日本酒に関してメディア・雑誌に頻繁に登場する有識者の中では松崎氏は数少ない傾聴する価値のある方と認識している(つまりは私ごときの目から見ても他に明らかに偏見まみれ・適当な記述・事実誤認な方が多すぎる)。『新版 Tastes of 1635 日本酒ガイドブック』が好例だが、蔵元や基礎知識に関する記述、その利き酒による評の姿勢は実にバランスがとれており、一つのお手本となりうる。それはさておき、その件のコラムの最新記事、利き酒についての、酒好きが趣味で行う場合の指針となるべきことが適確に述べられている。まぁ私も似た様なことを前々からちょくちょく言っていることなんだが、その酒の粗探しなどは「無粋」と切り捨てられており、楽しむことを追求すべきとされている。その点は共感するとともに、『dancyu』日本酒特集を読むブロガーならせっかくなのでこれぐらいは目を通しておいて欲しいと思った次第である。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
いっけね、読まなきゃ~
なんてね、最近はさっぱりっすよ、いろいろ。
でもそんな時期なんですね、一年は早いっすね~

昔、利酒師になろうと講習受けたら回りの人の動機もなんだか
ようわからんし、資格マニアっぽいし。
また、受験や登録維持にお金がようけかかる協会ビジネスなる
仕組みを目の当たりにし、庫裏の店主に相談したところ、
「あんた要らんでしょ。」でジ・エンド。

年取るとね、慈しんで呑みたくなりますなあ。
てなことで、最近はそんなこと書かんのですわ。てへ。
2011/01/12(水) 18:06:56 | URL | T.JACK #uJS39ZUc[ 編集]
私も買うかどうかは本屋で一瞬躊躇したり
T.JACKさん、私の場合はあえて同誌に投資すべきかで微妙なんすが、資料やデータは集めてナンボの性分なもので(^^ゞ

「利き酒」という行為と「利酒師」なる称号は全く関係なしというのは先に言っておきたいですが、アレはその資格に伴う権威、それに伴う能力を証明する根拠が乏しくて何とも。。。資格認定・維持に係る経費を調べて、趣味でとるのはアホかと思いましたよ。あえて言うなら、とって良いのは日本酒業界の職種の人だけ、趣味でとるのが増えるとそれこそ業界関係者での価値も消え失せます。

私もね、この頃はあんまり酒のレビューは気乗りしないのですわ。飲んだ酒の粗探しした結果を平気で公表する様な輩が増えてくると余計にね。
2011/01/13(木) 02:44:59 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
松崎さんのコラムは先日偶然見ました。
こねくろさん、昨年は愚痴にお付き合いいただき、ありがとうございます。
今年もたぶんご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いいたします。

今回は『dancyu』ですか。
自分は都会での今のはやりの傾向を見るのが主なので、本屋の立ち読みでざっと目を通して、どうしても必要な時だけ買いますが、どうも特に雑誌(他のも含めて)の類いは、色々な人の様々な思惑のため(多分)だと思いますが、内容に偏りがあったりして、なんだかな~って思う時もありますね。

「利酒師」は以前は興味がありましたが、かなり前に酒屋のおやじさんから、年会費も掛かるし素人には必要無いよって言われて納得して、結局とらないままですね。

松崎さんの『Tastes of 1212 日本酒ガイドブック』は、今でも大事に持っていますが、最初読んだ時に、お酒の特徴を具体的に分かりやすく、簡潔に表現されているなと感じてから、松崎さんは信頼できるなと思っています。
それに雑誌の記事などでも、結構ニュートラルな書き方をされていますよね。

本当は純粋に楽しめばいいのでしょうが、自分は粗探しが大好きなひねくれ者なので、自分でブログとかは絶対出来ないと、ずっと思っています。
まあ、元々面倒くさがりなので、飲んで感じたことは直接その場で言ってしまうタイプですし、人前に出せるほどの知識も経験も無いですしね(笑)
2011/01/14(金) 00:10:03 | URL | 酒ばか1号 #2PUI3szM[ 編集]
酒ばか1号さん、本年もよろしくお願いいたします。
どうもレスが遅くなりまして申し訳無いです。

雑誌の酒特集、年や記事によりますが、まだdancyuは了見が広い方(絡む業界関係者や識者も多いから?)だとは思います。件の松崎氏は常連ですしね。

酒を飲むと言う行為を純粋に楽しむ、というのは理想ではありますが、当然のことながらその酒の香味についてマイナスだと感じる部分というのは出てきます。それを内輪や当事者間(飲み手と酒屋・造り手)で意見交換や議論すること自体は進歩的な行為でありますし、当事者にとってもプラスになります。しかし、思ったことをそのまま公開するというのは全く話が異なり、ヘタすればその言説が一人歩きして風評被害にもつながりかねませんしね。
まぁ私の場合は、いい加減な記述をするライターや自称日本酒ファンにはついつい噛み付いてしまうんですがね。
2011/01/16(日) 12:23:38 | URL | こねくろ #RuqWbrxY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。